3月にディズニーランドの年パスを購入してからは
自宅より徒歩20分ということもあり、頻繁に行っていたのですが、
ディズニーランドの面白さの仕組みを一つ発見した気がします。

GW前とGW中に行った際に大きな違いがありました。

スモークターキーレッグという食べ物が屋台的な
チャックワゴンというところで売っているのですが、
GW前は並ばずに変えたのに、GW中は長蛇の列でした。

チャックワゴン | 東京ディズニーランド

GW中に行った際も簡単に買えるかと思ったら、
そんなことはなく、夜のパレードの前ということもあるのか、
50人〜100人くらい並んでいたように思われます。

さすがに並べないなと思って、
あまり、行ったことの無いトムソーヤ島いかだの方に行ってみたところ、
ラッキーナゲット・カフェがありました。
そちらで、何か軽食が無いかと調べたところ、
普通に、先ほどの「スモークターキーレッグ」が売っていました。
しかもレジはGW中にも関わらず、並んでおらず、
席もがら空きでした。

ラッキーナゲット・カフェ | 東京ディズニーランド

ここで、ディズニーランドは情報を持っているかどうかで
優位に立つことができるということに気が付きました。

今回の経験で私はディズニーランドの「裏ワザ」を知ることができました。
これで、他の友だちとか、ネット上とかに教えることができるようになります。
昔のファミコン時代に攻略方法を友達とやりとりしているものと似ているなぁと思います。

また、知ることによって、よりディズニーランドの楽しさが広がるので、
ゲストとしての成長もされるのかなと思います。

最近、下記のようなまとめがありましたが、

ディズニーランドを遊びつくす便利な裏技まとめ - NAVERまとめ

参照されているサイトを見ると、結構、昔のテキストサイトが多かったりして、
思った以上にネット上に裏技は転がっていないのかなと思います。

あと、もう一つの気づきとして、
ディズニーランドが敢えてこのような方向に仕向けている気がします。

いわゆるサービス業としてのおもてなしからすると、
先ほどのワゴンで行列ができており、そこから歩いて5分くらいのところで、
並ばずに買えるのだとしたら、キャストの人が誘導するか
教えてもよい気がします。

が、敢えてそういうことをしないのは
ディズニーランドは
「アトラクションを楽しむ」のも目的だとは思いますが、それ以上に、
「面白さを発見することを楽しむ」のが目的なのかなぁと思います。
そういう点では、簡単に教えてしまうと、目的が果たせなくなりますし、
あえて、情報格差を産むことで、来る度に発見がある体験を
提供しているのかもしれません。

というのを書いていたけれど、
これもディズニーランドファンの方には当たり前の話しなんだろうなぁw