異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

2010年08月

CAFE;HAUSで1日過ごした

晴海、豊洲付近で無線LANが使えるカフェ、レストランを探したところ、一番良さそうなのが先日オープンしたばかりのCAFE;HAUSだったので行ってきました。

何?このステキなマップ。
無線LANが使えるカフェ・喫茶店(非メジャーチェーン店舗)β版 - Google マップ

CAFE;HAUS

Twitterでつぶやいたら、無線LANあるかなとつぶやいたら、
オーナーに対して、RTしてくれる方がいらっしゃいました。関係者かな?
こういうのがTwitterの良いところですね。大変そうですが…。

無事にソファ席で電源確保しながら無線LAN使ってTwitter研究会用の資料を作ってました。

1日いたので食べたものレビュー。

■ランチ
・トマトソースのラグーのパスタ

 ラグーが何か分からず食べてましたが美味しい。
 
・HAUSハンバーガー

 肉がしっかりしていてケチャップとかつけなくても美味しい。

・スープ

 オニオンスープでした。
 ランチについているものにしてはレベルが高い。

・ミニサラダ

 ソースが美味しかった。

・コーヒー
・紅茶

■デザート
・温かいリンゴのバターケーキ バニラアイス添え

 アップルパイっぽいようでケーキな感じ。

・ヘーゼルナッツラテ

 取っ手がない大きなカップで来ました。
 甘くて美味しい。
 何故か更に砂糖がついてきた。

■夕食
・エビと野菜のコブサラダ ブルーチーズドレッシング

 ブルーチーズだけ異様に味が強いのでインパクトあるけど美味しい。

・HAUSオリジナル クラムチャウダー

 浅利だらけ。
 思った以上に量があってよかったです。

写真はこちらー。

http://1day1shot.jp/albums/75/2010/08/29


このエントリーもCAFE;HAUSで書いてます。

公式Twitterボタンがリリースされたので色々と実験してみた

本日だか、昨日だかに公式Twitterボタンがリリースされたようです。
このブログにも設置してみました。

公式ツイートボタン発行画面

使い方は色々なブログに書かれていますので割愛します。
で、色々と実験してみましたので、まとめました。

■フキダシの数字の意味は?
イマイチまだ正確には分かっておりませんが、
現状のTwitter上でのURLのつぶやき数のようです。

数字をクリックするとTwitterの検索画面に行くので、
おそらく検索した結果の数字を表示していると思われます。
現状の検索の仕様がある一定の期間だけとなりますので、
この数字は累計ではなく、現状の数字となります。

また、Twitterの検索は精度が悪く抜けがあることで有名なので、
この数字もそれに合わせている可能性があります。
どうやら、TwitterはTweetMemeと提携を行ったようですので、
将来的には累計に変更される可能性があります。

累計の数字で表示したい場合は、現状ではTweetMemeのボタンか、
Topsyのボタンを貼るとよいと思います。

■オススメユーザ機能
つぶやいた後の画面にオススメユーザを表示できる機能です。
Twitterにしか作れない機能でもありますので
個人的には一番ステキな機能だなーと思っております。

こちらは既にオススメユーザをフォローしている場合は
表示しないようになっており、フォローしていない場合は
以下のような画面が出ます。

capture1


AMNでもTwitterで投稿するキャンペーンを多く行っておりますが、
それらのキャンペーンなどに組み合わせれば面白いかもしれません。

■短縮URLの元のURLが投稿時およびつぶやきにて分かる(らしい)
つぶやく際に一度確認画面があり、そこで文言を修正もでき、
さらに短縮URLが、どんなURLだったか確認できます。

capture2


また、つぶやいた後にタイムライン上で短縮URLが展開されるので
危険なURLなども分かるようになっているようです。
こちらはおそらく英語の設定になっているユーザのみで、
日本語のユーザはまだ見れないような気がします。
(私は確認できませんでした)

■ボタンではなく直接投稿ページを表示してみる
ボタンを色々な場面に展開したり、
デザインを変えたりできるかなと思いURLを色々調べてみました。
ということでできました。
下記のURLをクリックしてもらえば、このエントリーを
つぶやくことができると思います。

ということでテキストでこんなこともできます。

つぶやく!←クリックしてみてください

実際のURLは以下のようになっています。

http://twitter.com/share?_=1281717308458&count=vertical&original_referer=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fikko615%2Farchives%2F51526559.html&related=tvzin%3A30%E5%88%86%E6%AF%8E%E3%81%AB%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%BE%E7%9B%9B%E3%82%8A%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E7%95%AA%E7%B5%84%E3%82%92%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%81%99%E3%82%8Bbot%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82%20http%3A%2F%2Ftvz.in%2F&text=%E7%95%B0%E8%81%9E%E9%8C%B2%3A%E5%85%AC%E5%BC%8FTwitter%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%A7%E8%89%B2%E3%80%85%E3%81%A8%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fikko615%2Farchives%2F51526559.html&via=ikko

要素を分解するとこんな感じ。

 ・http://twitter.com/share … 元となるページ
 ・_ … 謎のID(もしかすると時間によって無効になるかも)
 ・count … おそらく数字の位置(URLにはいらないかも)
 ・original_referer … 元ページのURL(URLにはいらないかも)
 ・related … オススメユーザのIDと紹介
 ・text … つぶやきの内容
 ・url … つぶやくURL
 ・via … つぶやくユーザID

今まで、下記のURLでやっていましたが、
今後は変えることができそうです。

http://twitter.com/home?status=%E7%95%B0%E8%81%9E%E9%8C%B2%3A%E5%85%AC%E5%BC%8FTwitter%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%A7%E8%89%B2%E3%80%85%E3%81%A8%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F&url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fikko615%2Farchives%2F51526559.html

■ということで
色々と実験してみたけれども、
うまくいじれば、デザイン含めて楽しく作れそうです。
Twitter公式系は今まで微妙だったけれど
やっと良いの出してきた感じがします。

Facebookが人気になった理由はTwitterから分かるかも?

昨日、妻がFacebookを初めたので、そのレクチャーをしていたのですが、
Twitterの連携、ブログの連携などを行なおうとしたら思った以上に大変で色々と調べてました。

特に問題となったのは登録直後に「アプリケーションディレクトリ」が見れないことです。
結局、原因はよく分からなかったのですが、私の画面にはある「アプリケーションディレクトリ」が妻の画面には見えませんでした。

ということで、以下の発言をTwitterでつぶやいたら、割と同意が得られました。

今、妻にFacebookを教えているのだがインタフェースが悪すぎてアプリケーションが探せない…。何故、これで世界一のプラットフォームなのか分からない…。


で、一つ納得させていただいたのは、@mabotsさんから頂いた返信です。


フレンドグラフをいかに迅速に構築させ、リアルタイム情報を取得するかにかなり絞ってるかんじはします


つまり、Facebookで能動的に行うのは友達とつながるだけ、あとは友達のタイムラインから全ての情報を受動的に取得するということ。

この場合、Facebookには能動的にさせるためのUIは友達を探す以外必要なく、アプリケーションが探しにくいという話もよく分かる気がする。

これって、Twitterがもっと顕著に表している気がします。
Twitter関連のアプリケーションってたくさんありますが、
Twitterの画面からは、そのアプリケーションへのリンクはどこにもありません。
あるのは、自分のタイムラインの中だけです。

また、ここで、先日の私のつぶやきにリンクしますが、

グルーポン系サイトってSEO的に優しくないサイトになっているが検索されても意味がないということだな。リアルタイムに特化したサイトは検索エンジンが機能しなくなるな。Googleとかどうするんだろう。


ということかなと。
リアルタイムの世界には探す作業は知識がある人の役目であり、一般の人は、それを待っているだけで良いのかもしれません。

結論としては、Facebookにインタフェースは、友達増やす部分以外は、あんまり関係ないってことですね。
最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ