異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

2010年03月

「NHKスペシャル 激震 マスメディア テレビ・新聞の未来」の表と裏

22日22時放送のNHKスペシャル激震マスメディア テレビ・新聞の未来を見ました。
元々、Twitterでも宣伝を行っており、Twitterと連携する番組ということで、話題になっていたことと、テーマが非常に興味深かったために楽しみにしておりました。


NHKスペシャル激震マスメディア テレビ・新聞の未来


当日になり、そらのさんが濃いメンツを集めてUstreamで裏番組を配信するということで、そちらも期待大でした。というよりも、濃いメンツ過ぎて、こっちもNHKで放送するのかと思ってました。

さて、実際の放送ですが、まずは表としてのNHKの番組。気になったことを箇条書きに。


  • 信頼性を強調していたけれど信頼性が高いと言っている方が怖い気がする。複数のメディアがそれぞれの主張をして、それを視聴者が取捨選択して始めて信頼性が担保される気がする。

  • ネットユーザーを特別視していたが、ブロードバンド人口(9000万人)のことを考えるとネットユーザー≒国民だと思うので意味不明

  • 上記も含めて既存メディア側も新メディア側もネットユーザーがテレビを見ないという括りはおかしい。

  • 各人が自分の領域の好きな話しかしていないので議論になっていない。コンテンツ、制作、放送(配信)、ビジネスなどテーマを切って議論する必要があり1時間30分ではきついので何回かに分けるべき

  • 番組内に投稿された情報が下テロップで流れたが内容と一致していない一般論なので意味がない。Twitterは投稿ではなく、反応として処理すべきだと思う。



表番組が酷かったなぁと思ったが、裏番組を用意するきっかけとなったので、これはこれでアリだったのかなと思います。

で、裏番組の感想を箇条書きで。


  • 内容は「コレだよコレ」という感じで聞きたかったことがかなり聞けた感じです。特に堀江さんの話は面白かった

  • 途中表番組に出演していた川上さんが来たのは新しい。今度、録画の番組でやる場合は、出演した本人がリアルタイムでいるのも良い気がする

  • 番組と同時の放送は音声二重となり聞くことは難しい。せっかくTwitterと連携している番組なのだから裏番組出演者は放送中はTwitterでつぶやくべきだった気がする。

  • こちらも表番組同様テーマを区切るべきだった気がします。隊長が頑張ってその方向に進めようとしていましたが

  • みんながまた好き勝手に話すので、音声としては聞きづらく誰かがリアルタイム議事録で文字にまとめた方が良い気がしました

  • お酒飲みながらのメリットはぶっちゃけ話が出ることでデメリットはグダグダになることですねw



とりあえずここまで。
後で追記するかもしれません。

皆さん本当にお疲れ様でした。

放送記念日特集
NHK総合 03月22日 22:00〜23:30
トータルレス数:23805レス
平均レス数:265レス/分
テレビジン

2ちゃんねるのテレビ実況とTwitterのテレビ実況の違い

先日のニコニコ大会議後にUstreamとニコ生の違いみたいなことが
ブログ、Twitterでたくさん議論されていたような気がします。

Ustreamとニコニコ生放送、使うならどっち?:CNETどっち? - CNET Japan
MobileHackerz再起動日記: Ustream、ニコニコ生放送、どっち?
MobileHackerz再起動日記: 続・Ustream、ニコニコ生放送、どっち?

私も、ニコニコ大会議に参加して、
テレビの実況的なモノの2ちゃんねる、ニコニコ動画、Twitterなどが
結構、異なる文化なのではないかと思ったので、
今回まとめて見ることにしました。

とりあえず、いつもの大好きな箇条書き形式

2ちゃんねるとTwitterの実況の違い


・コミュニケーション
以下、「2ちゃんねる」は基本的に「2ちゃんねるの実況板」
「Twitter」は「Twitterでテレビの感想を書いている人」を指します。

「2ちゃんねる」は「匿名」
「Twitter」は「実名(半匿名)」

「2ちゃんねる」は「自分の発言を誰か知らない人が見る」
「Twitter」は「自分の発言を自分の知っている人が見る」

「2ちゃんねる」は「意味のないコメントができる」
「Twitter」は「コメントが意味を持ってしまう」

「2ちゃんねる」は「コメントを流す(コメントに言及しづらい)」
「Twitter」は「コメントを残す(コメントに言及できる)」

・コミュニティ
「2ちゃんねる」は「お茶の間」
「Twitter」は「議論」

「2ちゃんねる」は「チャンネル、番組という文脈がある(集まる)」
「Twitter」は「チャンネル、番組という文脈だけではない(集まらない)」

上記の背景による仮定


・2ちゃんねる
「2ちゃんねる」は、「www」とか「キター」というだけの、くだらないことでも
簡単にかけるので、発言数は多くなる。
そして、感情も出しやすくなる。
匿名のため誹謗中傷が多くなる可能性がある。
実況というよりも、お茶の間的で、
「バラエティ」「アニメ」「ドラマ」などに相性が良い気がする。
チャンネル毎に板が分かれたり、番組毎にスレッドが分かれているのでデータとして整理しやすいし、
純粋に番組に参加する場合は、分かりやすい。
参加する人数が少なくても、集まれる場所があるので問題ない。

・Twitter
「Twitter」は、何かしら発言が意味を持ってしまう可能性があるため発言数は、そこまで多くはならない。
また、他の友人に見られるため、誹謗中傷は少なくなる。
実況的な使い方ができ、議論をすることができるので、
「ドキュメンタリー」「ニュース」に向いている気がする。
テレビ番組以外のものと混じるので、純粋に番組に参加するようにはできない。
参加する人数が少ないと、存在にも気がつかない状態が発生しそう。

・両方
「スポーツ」は両方に合いそう。
やはり、リアルタイムという部分が、両方に活きてくるからでしょうか。
「映画」は有名なものはTwitterでも良さそうですが、
あまり有名なものでない映画は2ちゃんねるでないと人が集まりそうにないです。

結論


テレビジンでは上記を元にコミュニティを分けて行きたいなぁと思っています。
掲示板的なコミュニティは2ちゃんねる、mixiなどで慣れている人が多いので、参加しやすいし、
Twitterみたいな、分散コミュニティというのはテレビ番組以外の部分でつながる可能性があると思います。

そういった部分をうまく生かした上で、
分かりやすいメディアにしたいなぁ。

ニコニコ動画は、さすがにひろゆきさんがやっているだけあって、
コミュニティの考え方が、すごく練られています。
ニコニコ動画を横目に見ながら、新しい方法を模索してみたいと思います。

そもそも、実況ではないのでは?


これは完全に余談なのですが思ったことなので書いておきます。
じっきょう【実況】
物事が行われている実際のありさま。ありのままのようす。

2ちゃんねるの「実況」板って言われているけれど、
誰も、テレビの内容をTwitterでいうTsudaることはしていないと思います。
単純に感想などを話しているのだけなので、実際は実況と言ってしまうとぶれてくる気がするので気を付けたいです。
最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ