異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

2010年01月

torneが製品としてだけでなくすごい5つの理由と今後に与える影響

torneが気になりすぎて、いつも色々と妄想を膨らませていますが

torneのスペック、機能という話ではなく、それ以外の、

ここがすごいということをまとめてみます。



D


簡単に言ってしまうと、企業、組織、業界の常識としてのジレンマを

ことごとくぶち破っているあたりがソニーらしくなく、むしろGoogleやAppleっぽいです。


1.Blu-ray Discを捨てているのがすごい


これは2重にすごいです。

まず、ソニーとしてですが、ソニーのHDDレコーダーには現在ブランド名がありません。

少し前までは「スゴ録」だったのですが、現在は型番のみで

ブランド名がなく、あえて言うならば「ソニーのブルーレイ」です。


それにも関わらず、このtorneはBlu-rayを使用しません。

これは、Blu-rayを推奨しなければならないはずのソニーとしては異端過ぎます。

だが、そこがいい。


HDDVDを捨てて、すぐにHDDに乗り換えた東芝が好調なのは有名でありますが、

その路線に切り替えることができる手段としては完璧だと思います。


また、SCEとしては、PS3の周辺機器としては当たり前のように

Blu-rayを使わなければならないといったところを

諦めているあたりが潔いと思います。

技術的に無理だったということもあるかもしれませんが…。


Blu-rayと同じメモリースティックを捨てているのもすごいですね。


2.BS、CSを捨てているのがすごい


ソニーというか、一般の電機メーカーとして、ターゲットから外れる人がいてはならない

という考えがあると思います。

「BS、CSなんて他のどのHDDレコーダーにもついているしそれが当たり前、無いなんてトンデモナイ」

と会議では言われるのではないでしょうか。


その企画を通すことができる、SCEが素敵すぎます。


3.価格が安いのがすごい


今回、一番驚いたのはこれかもしれません。

どちらかというと価格が1万円以下にすると決まっていて、

上記までのようなスペックを決めていった気もします。


4.ソニー以外の機器と連携、拡張できるのがすごい


外部HDDと連携でき、いくらでも容量が拡張できるtorneですが、

今までのソニーだとしたら、外部HDDという考えがまずできないと思います。

そして、もし、外部HDDができたとしてもソニー純正という制限がかかると思います。


そこを乗り越えたSCEはすごい。


5.UIの速さがすごい


私が見ている範囲では、現状のHDDレコーダーでの一番の不満は

動作がもっさりしていることでした。


しかし、一向に改善する気が見えないところで

torneが発売されました。


家庭用の機器は全般的にGUIは重視しておらず、リモコンの開発を頑張っている気がします。

しかし、torneはリモコンはPS3のコントローラーが基本のため、

たくさんのボタンは必要ありません。

そして、GUIがサクサク。


で、これがどうなるの?


ソニーを含め、一般電機メーカーの以下の意識を変えたと思います。



  • 自社の製品と競合した製品を作ってもよい

  • 機能は全部盛り込まなくてもよい

  • 自社の強みによる制限はなくてもよい

  • 他社の利益になる部分をつけてもよい

  • 価格は安くても良い

  • UIはより速く、簡単にしなければならない



これは、電機メーカーではできなかったことで、

ソフトも作っているゲームメーカーであるSCEだからこそできたのだと思います。


ひとつ残念なこと


画期的なtorneという製品ですが、プロモーションがうまくできておりません。

torneの発売はPS3がゲーマー向けだけでなく、ライトゲーマー向けのことができるという可能性、

また、ファミリー向けににも良いというイメージ改善にもなると思います。

しかし、ファミリー層に一番リーチできるテレビCMなどを打っておりません。


これでは、このままマニアックな機器として終わってしまう可能性があります。

Wiiのようなファミリー層向けのCMなどを出すべきですし、

福山雅治ではありませんが、タレントを起用して頑張るべきだと思います。





PlayStation 3(250GB)(CECH-2000B)

PlayStation 3(250GB)(CECH-2000B)









ニコニコ動画のコミュニティを分散させるための2つの解決方法の仮説

Twitterでつぶやいたのだけれど、シャワー浴びながら考えていたら

結構、よいかもしれないアイデアが2つ浮かんだのでメモってみます。


問題点


現在のニコニコ動画の問題点として、

ある特定のコミュニティの動画が強くなってしまっています。

例えば「ボカロ」「アイマス」「東方」の御三家などです。


そのため、一般の人が初めてニコニコ動画を始めて見ると、

ある程度知識がないと面白くない動画、オタク向けの動画が溢れてしまうことになってしまいます。


昨年のカテゴリー別のランキング、最近のカテゴリーの見直しなど、

コミュニティをうまく移動させたり、仕分けしたりと、

うまくやっているなぁと思っております。

が、やはり、まだまだ解決方法があるのではないかなと思います。


原因の仮説1


ひとつの原因は一番よく使われているランキングの計算方式が

マイリストの増加率だということではないでしょうか。

はてなブックマークなどのSBMのときも思ったのですが、

Web上のクリップを使うようなユーザは相当リテラシーが高く、

言ってしまえばオタクだけのような気がしました。


ニコニコ動画でも同様で、動画をクリップしてまで使うユーザは

オタクという部分が強いのではないかということ。

なんとなくコレクションという意識が強いのもそういうユーザのような気がします。


原因の仮説1の解決策


動画への反応としてリテラシーの高い順としては、



マイリストに追加 > 動画を再生



もしかすると、



マイリストに追加 > コメントをする > 動画を再生



まで言ってしまってもよいかもしれません。


多分、2ちゃんねるに置き換えるとこうなります。



SBMでブックマーク > レスをする > ROM



ちょっと、脱線してしまいましたが、ニコ動のランキングの計算を



動画の再生増加率 ÷ マイリストに追加の増加率



にしたらどうかという提案になります。


再生はマイリストへの追加に比べて敷居が低いため、

一般の人も再生だけはするのではないかなと。思います。


再生数でランキングにすれば同じことかなと思ったのですが、

マイリストに登録するということは、自然と再生数も多くなってしまうので、

マイリストの数により調整が効くようにしてみればよいかと考えました。


原因の仮説2


現在のニコ動の一番の問題はニコ動のサイトに来る以外に

見る場所(メディア)がないということ。

そのため、ユーザは自然とランキングに集まってきてしまいます。


で、上記のような偏ったランキングに左右されてしまいます。

この辺は、YouTubeは何故かうまくバラけているような気がしたので、

YouTubeはどうしているかと考えてみました。


原因の仮説2の解決策


APIの公開だと思います。

YouTubeって思った以上にYouTube以外で再生されることが

多いのではないかと思うのです。


私も、ほとんどYouTubeのサイトには行かないのですが、

YouTubeの動画を見ることはあります。

そして、その場所というのがブログであったり、Twitterであったりします。


ニコ動は、黒字化のためのユーザ数の増加、

広告のためのPVの増加のためか

基本はサイトへの誘導がメインでAPIを公開しておらず、

ブログへは手動で貼る以外に方法はありません。

この辺は、ニワトリとタマゴ状態だと思うので、

黒字化してから行うつもりかもしれません。


私はランキング系のサイトを作ることが多いのですが、

ブログのランキングを作った際にブログはコミュニティが分散している気がしました。

そこで、ブログなどで動画を展開することでコミュニティが分散する気がします。


あるいは、mixiなどでうまくニコ動が展開できるようであれば、

mixi内は一般の層のユーザが多くいるはずなので、

さらにコミュニティは分散すると思います。


さらに解決(蛇足ともいう)


上記の黒字化のためであれば、外部に動画を貼り、

そこに広告掲載がよいのではないかと思います。

そして、アフィリエイトなどもできるかもしれません。


終わり


ってことを考えてみました。

検証は時間があるときにします。



2010年の目標

遅くなりましたが、2010年の目標を書いてみます。


1年ごとにアウトプットの年、インプットの年を切り替えているのですが、

昨年はアウトプットの年ということだったので、

あまり本とか読まずにサービスを作りまくっていました。


テレビジンがサービスとしてうまく回り始めているのですが、

まだ、会員サービスやら、mixiアプリ、iPhoneアプリなどにできていないので、

今年は育てることにしようかなと思います。


ということで、今年はインプットの年にしようかなーと思うのだけれども、

思い切ってアウトプット、インプット両方に目的を持ってみたいと思います。


インプットについては、

技術的な面は、まぁ、常に、追い続けているのでよいのですが、

英語、中国語をがんばろうかなと思います。

中国語は、さすがに中国人の夫ということもあり、必須かなと。


アウトプットについては、

上記で書いている通り、新規というよりは育ててみたいと思います。

自分が作っているサービスは、いつも2年くらい早い感じなので、

テレビジン系のサービスは2011年にいっぱい出てくるのでないかと思います。

そこで、2010年中に、テレビジンを育てることで、うまく立ち上げたいと思います。


もうひとつのアウトプットは脂肪です。

体重が、かなり増えてしまったので、減量します。

体重計がなかったので買いました。



紅白の歌手別出演時間のメモ

紅白の出演時間に合わせた実況ログから一番盛り上がった歌手を出してみようと思います。


本当はテレビ見て、調べればよかったのですが、

紅白の放送時間に日本にいなかったので見れず調べることができませんでした。

そのために、テレビジンのTwitterログからアーティストの出演時間を推測してみました。

http://tvz.in/pgm/103185/

また、データが出ましら、このブログに載せたいと思います。


19:19 浜崎あゆみ

19:22 EXILE

19:27 AKB48

19:31 flumpool

19:38 NYC boys

19:41 いきものがかり

19:46 こども紅白

19:52 のんたん

19:57 伍代夏子

19:59 北山たかし

20:04 GIRL NEXT DOOR

20:07 ジェロ

20:09 水樹奈々

20:14 FUNKY MONKEY BABYS

20:18 中村美律子

20:20 ポルノグラフィティ

20:24 天童よしみ

20:23 美川憲一

20:32 坂本冬美

20:35 細川たかし

20:40 大塚愛

20:43 レミオロメン

20:47 川中美幸

20:51 森進一

21:07 スーザン・ボイル

21:15 遊助

21:18 aiko

21:22 徳永英明

21:26 平原綾香

21:30 TOKIO

21:36 Perfume

21:41 東方神起

21:44 水森かおり

21:50 五木ひろし

21:55 マイケルジャクソン

21:58 木村カエラ

22:02 アリス

22:10 中島美嘉

22:12 ゆず

22:17 アンジェラ・アキ

22:24 布施明

22:28 せんとくん

22:28 小林幸子

22:34 福山雅治

22:39 倖田來未

22:41 嵐

22:47 コブクロ

22:49 矢沢永吉

23:02 和田アキ子

23:06 氷川きよし

23:10 石川さゆり

23:14 絢香

23:20 SMAP

23:27 DREAMS COME TRUE

23:35 北島三郎

23:38 終わり

もし、間違っているようでしたらご指摘いただけると助かります。



年末年始に北京に行ってきたので調べたことをまとめてみた

2009年12月26日から2010年1月2日にかけて中国に行ってきました。

北京は妻が単身赴任している先で、厦門(福建省)は妻の生まれ故郷ということで行ってきました。

途中体調がやばい状態の時もありましたが何とか無事に帰ってこれました。

で、いろいろと調べてきました。

箇条書きで書いていきます。

ちなみに、比較している部分がありますが

それは、3、4年前に行った時との比較です。


ネット



  • 検閲について

    • 特定のドメインは一切見れない

      • twitter、Flickr、YouTubeなど



    • 特定のキーワードがURLに入ると見れない

      • twitterをGoogleで検索すると見れない

      • 上記のことをするとそのドメインがしばらく見れなくなる

      • movatwitterは見れたから単語で区切って判断している気がする

      • eroで検索してみたら見れない



    • インフラ系は結構見られた

      • Googleの検索、Gmailなどは普通



    • 日本語のサイトはほとんど見れた

      • 見れないサイトはなぜ見れないのか謎





  • 回線

    • 光でも最大8mbpsくらい



  • 中国コンテンツ

    • QQらしいがそれ以外不明



  • 中国にいる日本人が見ているサイト

    • YouTubeが見れないので日本のコンテンツはニコニコ動画頼り

    • ニコ動でテレビのコンテンツを流して欲しいみたい




交通事情



  • 空港

    • かなり綺麗になっていた。(以前使った空港とは違うことが判明)



  • 自動車

    • ナンバープレートがない車が減った

    • 相変わらず譲らないが上海よりはマシ

    • 交差点の曲がり方に迷いがない(減速がない)



  • 自転車

    • エンジン付き自転車が走っている(おそらくガソリン)

    • 自転車は割と少ない気がした



  • バイク

    • ほぼ皆無



  • 電車

    • オリンピック後のため非常に整備されている

    • 混雑状況は東京都同じ感じ



  • タクシー

    • 日本人嫌いが多すぎる

      • ひとりでは乗れませんでした





  • バス

    • 経路がよくわからず乗らなかったので分かりません

    • 住んでいる人は結構使っているみたいです



  • 横断歩道

    • 赤は車が来ていなければ渡ると聞いていたが赤で車が来ていても渡ることが判明

    • 青でも車は走ってくるので常に左右確認しながら渡る必要がある




天候



  • 気温

    • マイナス10度とかだった

    • 最終日は雪も振った(さらさらな雪)






  • 挨拶

    • 5年前に比べると挨拶、笑顔は普通になった



  • ファッション

    • メガネが減った気がする

    • 女性が前髪パッツンだった

    • ジャージが減った気がする

    • センス的なものに関しては冬なのでよくわからなかった




お店



  • デパート

    • 日本と全く変わらず



  • 家電量販店

    • 日本と異なりゲームが全く売っていない(ソフトもハードも)

      • どうやらハードは正式には販売していないみたい





  • ファストフード

    • マクドナルドが思ったよりもあった

    • ケンタッキーは相変わらず多い

    • スタバも多かった

    • 中国のファストフードが少なくなっていた気がする



  • コンビニ

    • セブンイレブン一択

      • おでんが人気らしい(日本と全く同じ)



    • 中国のコンビニはどこに消えた?



  • 本屋

    • 西単、王府井の図書館は本だけのデパート

    • かなり技術系の本が充実していた

      • 自動車技術だけで本棚一列が埋まってるくらい



    • インターネット関連の本が少ないのは日本と同じ




電化製品



  • テレビ

    • 地デジはないのでアナログで綺麗なのが主流

    • LEDが一番アツイっぽい

      • LEDはHD対応っぽい(画質でしか判断していないが)



    • 大型しか売ってなかった

    • メーカーは中国がメイン

    • 日本メーカーはPanasonicとSonyのみ

      • 中国だとまだ松下なのね





  • ケータイ

    • ほぼ売り場はケータイがメインだった

    • 高校生もみんなほぼ持っている

    • スライド式、タッチ式、折りたたみではないものがメイン

    • iPhoneもどきはなかったけれどAndroidもどきはあった



  • PDA端末

    • 何故かいっぱいあった

    • 辞書も兼ねるのがメインっぽい

    • メディアプレイヤーとしても使うみたい

    • おそらくタッチパネル形式がメイン




食事



  • 魚料理

    • 川魚が多い

    • なまずがあった



  • 肉料理

    • 北京ダックは砂糖、にんにくなどがつけるものとして出た




あと何か書こうとしたものが残っていたら追記します。



最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ