毎年恒例になった、その年にやったゲーム一覧です。

今年で4年目になります。


2008年にしたゲーム

2007年にしたゲーム

2006年にしたゲーム


さて、今年のゲームはこちらです。

良かった順です。



  1. ドラゴンクエスト9(DS)

  2. ベヨネッタ(PS3)

  3. 428(PSP)

  4. 逆転検事(DS)

  5. ストリートファイター4(PS3)

  6. 逆転裁判4(DS)

  7. ペルソナ(PSP)

  8. ガンダム無双(PS3)

  9. ファイナルファンタジー13(PS3)

  10. ディシディア(PSP)

  11. ゴミ箱(PS3)



今年は何かと忙しかったこと、

ドラゴンクエスト9を長時間していたこともあり

11本に留まり、クリアしていないのも増えました。


今年の2大ニュースとしては、

PS3を買ったということと、

ドラゴンクエスト9をやったことですね。


PS3の映像には驚かされます。

また、いろいろできるだろうなぁと可能性を感じます。

個人的にはWiiとDSがなくなりPS3とPSPで

もっとソフトが出てきてもよいかなぁと思っております。


ドラゴンクエスト9とかPSPでも出せば良いのに…。


今年は念願のゲームショウに行けたのでよかったー。

来年は面白そうなゲームたくさん出そうです。

FPSもチャレンジしてみたいところ。


ドラゴンクエスト9


語り尽くしたらきりがない程の作品。

ストーリー的には微妙だったにも関わらず、

すれちがい通信、ストーリー配信などのシステムが素晴らしく、

クリアしてからが本当の冒険のような形です。

そのため、2週目をせずに200時間くらいプレイしてしまいました。


元々、ドラクエはお使い的なストーリーが多かったので

今回はドラクエらしい作品だったのではないかと思います。

すれちがい通信による、リアルとの連携、

ストーリー配信による、中古への流出の阻止など、

マーケティングとしても素晴らしかったです。


おそらく、ゲームはドラクエ9以降と以前で作りが変わるであろうという

記念すべき作品だったと思います。


ベヨネッタ


何はともあれエロイお姉さんが主人公のゲーム。

どうやらデビル・メイ・クライの開発スタッフが、そのまま作ったようなので、

雰囲気は似ているし、それ以上の作りになっていると思います。


PS3のアクションは初めてでしたが非常に面白かった。

音楽、アクション、バカらしい演出が、とても楽しめる作品です。


次回作は作れなさそうなストーリーだったけれども、

次回作に期待です。


428


Wiiで買ったのですが、Wiiが手元にないので、PSP版も購入してしまいました。

通勤時間にでもコツコツとプレイしようとしていたのですが、

思った以上にはまってしまい1日(14時間)でクリアしてしまいました。

だったらPS3版でよかったのにね…。


街とは違い最終的にひとつのストーリーに集約されるのですが、

それはそれで気持ちよい感じです。

宮部みゆき風な感じでしょうか。


逆に街と比べるとボリュームが残念な感じです。

その分、他のクオリティが上がっていると思いますが。


428の続きのストーリーである「CANAAN」も楽しんで見てしまいました。


逆転検事(DS)


逆転裁判のキャラクター御剣怜侍が主人公のゲーム。

非常に面白かったのですけれど、キャラゲーという感じでしょうか。

キャラを意識しすぎている感じでした。


ストリートファイター4(PS3)


昔のストリートファイターに戻った感じで、

非常によいのですが、キャラクターデザイン微妙ですよね。


格闘ゲームは進化の方向に進んでしまうと、

新しいユーザが入ってこれないので難しいですね。


逆転裁判4(DS)


逆転裁判の4作目ですが、やっとプレイしました。

結構、批判的な意見が多かったので購入をためらっていました。


が、まぁ、プレイしてみたら、普通に楽しめました。

ストーリー的な部分でいうと、過去の作品を否定する形になってしまうかもしれませんが、

今作だけを見るとしたら充分だったかなと。


ペルソナ(PSP)


まさかのPS版のペルソナ1のリメイクです。

絶対にリメイクしないと思っていた作品だけあって驚きました。

で内容ですが、グラフィックが変わっていなかったのが残念でした。

元々の絶望感あふれるストーリーにあっていた音楽POPになってしまったことは残念でした。

まぁ、PSPは移動中にプレイするので音消してましたけれど。


ストーリー、セリフなどは相変わらず素敵ですねぇ。


ファイナルファンタジー13(PS3)


まだ、クリアしていなけれども、微妙。

ドラクエみたいにクリア後から楽しめることを期待しております。

ネット上で批判されているプレイ時間30時間一本道はそのとおり。


本当に何で戦っているのか分からない。

しかも、戦闘のテンポも遅い。

ムービーは綺麗だが、セリフが気持ち悪い。


ドラクエ9とは真逆にいる感じのゲームですね。

FFはこんな感じで行かないとドラクエと差別化できないので良い気もしますが、

FFX、FF12にあった世界観みたいなものも変な世界観になっている気がします。

なんとなく作者に読者が付いていけていない気がします。


この辺は訳も分からなくしておいて、

次の作品で一部リンクさせて喜ばせる感じなのかなー。


任天堂、バンダイナムコのゲーム、

聖剣伝説シリーズに引き続き、見限る対象にならなければよいのですが。


(1月4日追記&ネタバレ)

クリアしました。

最後の最後まである意味一本道。

戦ったことによる成長もなく最後はキセキで解決…。

映像は綺麗だけれど内容はなく、ストーリーも内容がなかった…。


ガンダム無双(PS3)


結局、クリアしていないけれども。

ガンダムのストーリーを知らない自分としては楽しめました。

無双系をしっかりやるのは初めてだったので面白かった。

が、途中詰まってから進めていませんでした…。


ディシディア(PSP)


まだ、1時間くらいしかプレイしていないけれども。

多分、キャラゲー。


(1月4日追記)

実はかなり面白いことがわかった。

作業にはなるかもしれないけれど、普通にゲームとして遊べる。


ゴミ箱(PS3)


ダウンロードで購入してみた。

安いわりにはよく出来ているし、PS3だからこそできる内容。

が、まぁ、一発ネタでした。