異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

2009年01月

テレビの盛り上がりを「見える化」した「テレビジン」を公開しました

[追記]ドメイン変更に伴いURLを修正しました。

2009年最初のサービスリリースとして、

テレビ番組の盛り上がりを「見える化」した「テレビジン」という

サイトを公開しました。


テレビジン PC版

http://tvz.in/


テレビジン ケータイ版

http://tvz.in/m/


5f64d972.jpg


サイトの説明


2ちゃんねるの実況板のテレビ放送局の各板を5分おきに計測し、

レス数を分毎に集計し、グラフにしたり、ランキングにしたりしています。


コンテンツの説明


・実況ちゃんねるグラフ

各チャンネルの盛り上がりをグラフにしました。

過去90分のレス数を1分毎にグラフで表示しています。


どのチャンネルが盛り上がっているかが分かります。

どんな感じで盛り上がっていったかも分かります。


また、グラフには笑いが起きた数、そして、1週間前のグラフも表示し、

これから先の番組の流れも予測できるようにしています。


視聴率に代わる新しい指標にできるようにしたいと思っています。


・いま盛り上がり始めている番組

そのままですが、いま盛り上がり始めている番組を順番に表示しています。


直近10分間で一番、レス数が多い番組を盛り上がっている順に並べています。

先週の同じ時間の番組も表示していますので、比較できます。


視聴率とは異なり、リアルタイム現在放映中の番組の人気を

追うことができるので、面白い番組を逃さなくてすみます。


・昨日話題になった番組

これは、昨日の平均レス数/分で一番高かった番組を

3番組ほどオススメしています。


・先週話題になった番組

先週の平均レス数/分で一番高かった番組を

3番組ほどオススメしています。


本日、見るべき番組をオススメしてくれます。


サイトを作成した経緯?


昔、話題の.jpというブログで話題になっているサイトを

ランキングにするサービスを作っていましたが、

その時から、マスメディア、特にテレビの影響力は大きいと感じていました。

特に日本では、まだまだWebよりもテレビの影響力が強いと思います。


基本的にテレビ側も、Web側もお互いを敵としてみなしていますが、

お互いを潰し合うよりは、お互いの良いところを

伸ばしていけないだろうかと、ずっと模索しています。


ということで、今回の「テレビジン」は、その一つの実験として公開しました。


サイトを作成した経緯?


これは、「2ちゃんねる実況スレッド勢いブラウザ」というサービスが他にあるのですが、

そちらは、基本的にワンセグで録画した動画を見るためのデータとして

見せることが目的になっています。


もちろん、「テレビジン」でも、同じようなことがしたいのですが、

ワンセグ、テレビで全時間録画は、まだまだ実現は先かなと思い、

違うアプローチをしてみたいと思っています。


例えば、YouTube、ニコニコ動画などにアップロードしている動画と連携などするのも

ありかなと思います。

もちろん、そのままだと、著作権的にはアウトなので、

何かしら考えたいところですが…。


サービス名について


最初、「テレビ」+「マガジン」で「テレジン」にしようとしたら、地域の名前でしたので却下。

「テレビン」にしようかとおもったけれど、そちらも植物の名前でしたので却下。


で、可能であれば4文字がよかったのですが「テレビジン」にしました。


最後に


ということで、まだ、いろいろ開発したいことが残っていますが、

正式に公開させていただきました。


この記事は質問受付や、サイトの説明にも使いたいと思いますので、

随時変更する可能性があります。


それでは、「テレビジン」をお楽しみください。



カヤックさん主催の「ご飯と新年会@bowls」に行ってきました

Flasherの方とお知り合いになりたいということで、

カヤックさん主催の「ご飯と新年会@bowls」に行ってきました。


いつもとは違うコミュニティなのと、

そもそも、エンジニアなのでデザイナーさん方の話について行けるかなと

心配だったのですが、なんとか大丈夫でした。


デザイン関係の業界のことに疎かった私は、

かなりすごい方ばかりだったのにつっこんで話ができなかったのが残念でした。

名刺をいただいて、帰ってから確認したら、皆さんすごい方でしたね。


学生の方も多かったのが良かったです。

学生の内から実績を上げている方の話は面白いですね。


知り合いは、いないだろうと思いきや、

昨年末に初めてお会いした日本のiPhoneアプリ界を背負って立つ

fladdictの深津さんにも再会できました。

あと、以前、エンジニア系のコミュニティでお会いした

大澤さんにもお会いできました。

変わらず頑張っているようで、負けないようにしないと。


カヤックさんとは昨年、いろいろなイベントでお世話になりましたが、

仕事としては、まだご一緒できていないので、早く一緒に仕事したいですね。

カヤックの方々は、本当に皆さん個性的ですね。

結構、大所帯ということが分かって、それであの勢いを保てているのは

すごい経営力と組織力ですね。


相変わらず、Twitterでのikkoネタは通じるなぁ。

なんだかんだで、いろいろと助かってるw

半年くらいはネタ続けられるかな。


全体的に初めてのご挨拶ということで、会社の紹介だけになってしまったので、

次回も、ぜひ参加して、Flashとか最近のデザイン動向について聞いてみたいです。

面白いこと皆さんやっていることは分かったのですが、浅くしか話せませんでしたね。



次回までには、Flash周りを勉強しておかないとなぁ。


ということで、カヤックのみなさんありがとうございました。

ご挨拶させていただいた方々もありがとうございました。



ゲーム、マンガにおける読み手に対するナビゲーション

ちょっと、適当に浮かんだことなので、メモ程度。

なんかの役に立ちそうで、役に立たないかもしれない。


ゲーム、マンガにおける読み手に対するナビゲーションって、

2種類あると思った。


1つ目のナビゲーション


1つ目のナビゲーションは、ゲームにおいて、主人公が話さないので

代わりに物語を引っ張って行ったり、誘導、質問する人物。


ドラゴンクエスト、女神転生などは主人公は

プレイヤー自身であり、基本的に話さない。

選択肢の答えが唯一話すことになったりする。


最近だと、ペルソナ4では花村というキャラクターがそれに当たる。

ドラクエ5だと、パパス、ヘンリーとかなのかな。


2つ目のナビゲーション


2つ目のナビゲーションは、ゲーム、およびマンガにおいて、

読み手に説明するために必要なキャラクター。

どちらかというと被ナビゲーション役かもしれない。


まず、そもそも、今回の話を考えたきっかけが以下のマンガを読んだから。



バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)








デスノートの大場小畑コンビのマンガです。

今、ジャンプで読んでいるのは、これとナルトだけ。


小畑先生のマンガって、必ず、主人公と相棒がいるのだけれど、

必ずと言っていいほど、ナビゲーション役と

被ナビゲーション役がいる。


デスノートでは、これが顕著で、

夜神月がナビゲーション役に対して、死神リュークが被ナビゲーション役

Lがナビゲーション役に対して、警察が被ナビゲーション役。


で、今回のバクマンも、

サイコーがナビゲーション役に対して、シュージンが被ナビゲーション役。

その逆のパターンもあると思うが…。



まとめとしては、説明役って必要だし、難しいよねぇってこと。


本、マンガを書く人にとっては、当たり前なのかもしれないが、

この説明役をつくるのって、ものすごく難しい気がする。


自分でWebサービスを作ったりした時に、これを説明するとなると

かなり難しい。


ゲームの最初のチュートリアルとかすごいよなぁ。

説明書読まなくても、ストーリーの中にチュートリアル埋め込んでいるからなぁ。


Webサービスを作る人の中に、こういうことができる人が

いると良いと思うのだけれど、まぁ、いないねぇ。



遅ればせながら新年のご挨拶と今年の目標

もう新年も明けてから11日経ちましたが、

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


早速ですが、

今年の目標はアウトプットを出すことです。


実は、2006年はインプットを目標とし、

2007年はアウトプットを目標とし、

2008年はインプットを目標とし、

今年はアウトプットになります。


要は、1年おきに、アウトプットとインプットを入れ変えているだけです。

が、これが、思った以上に実行できていてるんですよね。

特に、あまり意識はしていないんですけれども。


昨年の反省などは、別のエントリーを書きたいと思っていますので、

このエントリーでは今年の目標をもう少し掘り下げたいと思います。


さて、アウトプットの具体的な内容として

以下の2つのことを実現したいと思っています。



  1. 個人サービスの公開をする

  2. ブログを書く



あと、会社での内容もあるので、実質は3つかな。

会社の内容はとりあえず、こちらでは伏せておきます。


「個人サービスの公開」をさらに掘り下げてみます。


実は、2008年は個人サービスは一つもリリースしていません。

2007年は、主に2サービスをリリースしておりましたが、

2008年は、勉強のためにサービスを作ることをメインにしていました。

公開してもよかったのですが、まぁ、割と忙しかったこともあり、

公開後のフォローはできないよなぁ、ということでやめてました。



一応、たまったノウハウはありますので、

2009年は、それで作成した一部を公開していこうかと思います。


以下のサービスを、今年中に公開したいと思います。



  1. 一般層向けサービス

  2. ケータイ向けサービス

  3. iPhoneアプリ

  4. Flexを使用したサービス

  5. 自分の得意分野サービス



アイデア、構成はほとんど出来上がっているので、

あとは、それを実装するだけなのですが…。


「一般層向けサービス」と「ケータイ向けサービス」は一緒だったりします。

割と、技術者向けにしか、サービスを作ってこなかったので、

もっと、ネットとか詳しくない人でも使えるサービスを勉強したいということもあります。


「iPhoneアプリ」は、iPhoneというデバイスを使用した

アプリを作ってみたいということです。

ソニー時代に、開発したかったことを実現しようと思っています。

iPhoneなら、きっとそれができるかなと。


「Flexを使用したサービス」は、Flashでしかできない

表現をうまく使いたいということがあります。

割とiPhoneアプリの開発と近くなりそうです。


「自分の得意分野サービス」は、クローラーとか

画像処理系が一番得意なところなので、

それを使用したサービスになります。

おそらく、上記のそれぞれのサービスの基盤となる感じだと思います。


ってことで、この感じだと3か月に1回くらいでサービスリリースですね。

ちょっと、厳しいかも。


で、今年こそCNETに実力で載ってみたい!

(昨年はカリスマ美容師IKKOさんとの絡みで載りました)


ってことで、開発者としての一年になりそうですねー。



最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ