異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

2006年11月

映画「プラダを着た悪魔」が予想外によかった

映画「プラダを着た悪魔」をみなとみらいで見ました。


邦題がB級映画っぽいので、不安だったのですが、

内容はかなりよかった。


編集者を夢見るがファッションセンスゼロの主人公が

ファッション誌の会社で悪魔のような上司に

こき使われる映画。


こき使われ具合が半端ではないので

映画が非常にスピーディーに展開していくので

気持ちよい。


ファッションという部分よりも

「働く」という部分の方がしっかりと

描かれている気がする。


幸せになれる映画です。

カップルが多かったですね。


とりあえず、主役のアン・ハサウェイは綺麗。

とても、同じ年齢とは思えないな。


以下、予告、CMの動画。



D


D


簡単に予告編、CMが貼れるのはよいな。

映画制作会社もわざわざブログに貼れるシステムを作らなくてもよいし。


これを捨てようとしている日本は終わっている。



ORF2006に行きました

大学の研究発表の場、

「Open Reasearch Forum」に行って参りました。


今回は丸の内で開催ということで

非常に場所が分かりづらかったです。


全体的な内容として

昨年、多かった「コミュニティ」系のものが少なくなり、

「センサー」系のものが多くなったようです。


インターフェース部分に力を入れているのでしょうか。

実際にNintendo DS、Wii、iPod、Felica、ケータイ、GPSなど

データを入力するカタチに幅が出てきているかもしれません。


それに加えて、Google Maps、Google Earthといった

ある意味、データのインフラみたいなものが整ってきているので

研究しやすさは変わらないがカタチにするのは

簡単になってきているのだろうな。


知り合いが結構、来年就職するということで

自分としては複雑な気分。


大学院を出てから就職している人の意見を

聞いてみたいところではある。


現在も違う大学の大学院生の話を聞いているから

あまり変わらないのかもしれないが、

SFCという良くも悪くも異色の人材が揃った大学の

大学院生が企業の中でどう動くのかは興味深い。



同じ大学と同じ言語

同じ会社かつ同じ大学出身の同期と横浜で飲む。


SFC出身者は共通して

話がつながるところがある。


特に大学側が教えている訳ではないのだが

勝手に環境から読み取っているようで、

共通の知識というか言語を持ち合わせていると思う。


話していて気持ちよい。


多分、自分が英語を話せて

アメリカ人と話せたら

同じ感じではないかなとも思う。


自分とは違う分野の話は

非常に勉強になる。

知識という部分もだけれど

考え方などは参考になる。


内容は書いてしまうと

まずいことだろうから書けないな。


人事に関しての知識は全くないが

人事担当にはなってみたいと思った。


育てることはできないだろうが

その人のビジョンを明確にさせるチカラは多分ある…。

変な話だが、能力を1から2にはできないが、

0から1、あるいは1から違う1にすることはできるという感じかな。


4月から10月まで半年の間は

ひきこもりをしていて

ほとんど人に会っていなかったので

11月からは色々な人に会うようにしています。



レンズのないカメラを実装中 with Flickr API

レンズのないブラインド・カメラ - Engadget Japanese


少し前にEngadgetで紹介されていた

「レンズのないカメラ」を実装しています。


上記のカメラについて簡単に説明をすると、

「レンズのないカメラ」で撮影した後、

しばらくすると、同じ撮影時間の写真が

カメラに届くというコンセプト。


でおそらく、これを見て、みんなが考えたのは

撮影時間ではなく撮影場所で写真を届けるようにすること。


という訳で、

ケータイからGPSを送信して、

その場所で撮影された写真をFlickrから取得する

プログラムを書いてみました。


内部の制御は今日一日で完成した。


後は見た目デザインをどうするのかというのと

auにしか対応していないので

Docomo、Softbank、Willcomに対応が必要。

でも、開発機がないので確認はできない…。


ついでに紹介されているカメラのように

ケータイを埋め込める外側の箱があれば完璧。

無理だ。



4travel.jp&yoyaQ.comAPI使用雑感

4travel.jpの旅行記検索

yoyaQ.comのホテルプラン情報取得

を使用して簡単なテストをしてみた。


結論からすると両方とも使えない。


まずは、4travel.jp。

緯度経度が使えないのと

旅行記なのに期間を設定できないのは致命的。


データは結構あるので、上記の弱点を

どうにかすれば化けるはず。


緯度経度は住所、地名に変換すれば問題なし。

問題は期間。


考えられる方法は、クロールして

こちら側でデータを確保してしまうこと。

ただ、それだとWebサービスではなくなってしまう。


上記の弱点をむしろ強みに変えられるような

逆転の発想がなければ上位にランキングできないだろうな。


続いて、yoyaq.com。


問題は、そもそもデータが少ないということ…。

ホテル情報ではなく、ホテルプランというところがネックか…。

予約がある上で空いていなければ検索されないらしい。


こちらは、緯度経度、時間も決められるので

かなり複雑な問い合わせは可能。

時間も4日後くらいまでしかいれられない。


とりあえずコンテストには、

食べログ主体で行きたいところ。

食べログはかなり優秀。


4travelで逆転の発想ができたら使うかも。


yoyaqは使わない方向にします。



緯度・経度系サービスまとめ

価格.comのWebサービスコンテストに応募することにしました。

リクルートの時は

頑張ったけれど時間がなくて断念したので、

今回は頑張ります。


【発表】価格.com WEBサービスコンテスト開催(Mozilla Japan協賛)のお知らせ


今回も、Google Mapsとの連携が多そうだけれど、

大学のときから地図を研究していた自分としては

この分野で頑張りたいところ、

とりあえず、緯度・経度関係のサービスをまとめてみる。

















緯度経度住所郵便番号キーワード緯度経度住所地図画像動画都市名その他サービス
×××××××××Geocoding API - 住所から緯度経度を検索
××××××××Nakamura-KU ADDICT: invGeocoder のRESTを作ってみました。
範囲指定×××××××Flickr Services
×××××レストラン価格.com Webサービス レストラン情報取得API
×××××ホテル価格.com Webサービス ホテル情報取得API
××××××××mooom: Developer
××××××××地名using API; 非公式だが使えるYahoo! Japan Geocoder API
×××××××駅名SimpleAPI vol.2 - 最寄り駅Webサービス & 最寄り駅モバイル地図
×××××××ホテルじゃらんWebサービス
×××××××内部APIいろいろ - いしなお! (2006-07-20)
××××××××最寄り駅HeartRails Express | 路線/駅名データサービス

緯度経度ではないけれど、地域名など。






×××××××国名WebサービスAPIの使い方|世界ジオコーダー|たたみラボ


追記予定。



OpenPNE研究

今更ながらOpenPNEをいじってます。


とりあえず、備忘録として作業工程を残しておきます。



  1. OpenPNEをダウンロード

  2. OpenPNEをサーバーに置く

  3. DB作成

  4. インストール

  5. 管理画面より設定

  6. 試しに一人招待

  7. 規約を記述





町田ヨドバシのプレステ3状況

町田のヨドバシにプレステ3が

本日、入荷したらしく在庫がありました。


抽選ではなく先着順。

充分数はあるのに、かなり殺伐としていました。


やはり購入者は大人が多く、ゲーム売場ではなく家電に置けばという感じはします。


家族連れで子供に買ってあげている風景をみると

これからのソフトラインナップが残酷でもあります。


店員さんに入荷数を確認したところ

100台くらいだそうです。


買って転売すれば最低でも1台につき4万くらいの利益が出るみたいです。


どうやら町田にも何回も並ぶ人がいるらしく、店員さんが注意してました。

昔と違って、今は2ちゃんねらーがいるので一筋縄ではいかないようですけどね。

ヤフオクでプレステ3が1億になってますし。


とりあえずプレステ2同様、ファイナルファンタジーが出るまでは待ちですね。

1640962c.jpg



映画「ただ、君を愛してる」を見た

映画「ただ、君を愛してる」を見てきました。


感動した。


この映画はすごい。

すごい点は3点。


・悪がない

これほど、悪というものが全くない映画は珍しい。

最後まで爽やかに終わる。

まぁ、悲しい映画ではあるけれども。


・風景がすごい

「こんな大学で勉強したい」とか

「こんな森に行ってみたい」とか思ってしまう。


映画を見終わってから「ただ、君を愛してる ロケ地」で検索したのは言うまでもない。

が見つからなかった。


「高松」っぽいのだけれど、結論には至らなかった。


Google Earthとかでマッピングしてくれている人いないかな。


・写真がすごい

きれいな写真がいっぱい出てくるのと、

カメラが結構、重要な役回り。


この映画を見終わった人に

「一眼レフカメラ」を売れば

高確率で売れると思う。


これぞ「感動プロモーション戦略」


全体を通して、

同じ悲しい映画系で最近見た映画では

「時をかける少女」があるが、あちらの方が多少、上かな。


でも、両者とも非の打ち所がないのですばらしい。


「宮崎あおい」は純粋無垢な役を演技させたら右に出るものはいないな。



DEATH NOTE前編を見た

録画していた「DEATH NOTE前編」を見た。


感想はまぁまぁ。


ストーリーなどは問題ないのだけれど、

人物の描き方が微妙でした。


特に「ライト」に無駄な動きが多く、

スマートなイメージが全くない。


これだと、「ライト」が正義だと主張しても、

最初から悪のイメージがあるので、

説得力が全くない。


この作品は「ライト」と「L」、それぞれの

完璧性、カリスマ性、異常性がないと、

面白くないような気がするのだけれどな。


今のところ、マンガの方が勝ち。

後編は、まぁテレビで見ればいいかな。


後編が公開される前に

前編を公開するというのは、

テレビ局らしからぬプロモーションなので

今後に期待。



最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ