異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

2006年10月

ケータイ機種変

ちょうどケータイをauに変えてから

13ヶ月が経ったので機種変しました。


W41SからW43Sに変更。


選んだ理由は3点。

・PCサイトビューア

・フェリカ

・薄い


カナリイイ!


不満を言うならジョグではないこと。


相方はワンセグケータイになりました。



はてブの3つの特徴

はてブされるページの特徴は以下の3つかなと思う。



  1. 消費されるページ

  2. 便利なページ

  3. 意見を述べたいページ



  • 消費されるページ


主にニュース、プレスリリースなどのページ。

ワイドショー的な盛り上がり方を見せて、すぐに衰退する。

一時的なブックマークという点では

本当の「しおり」的な使い方かな。

いわゆる「あとでよむ」ページ。



  • 便利なページ


Tips、How to系ページ。

再利用が目的のページ。

ある意味、犬の「マーキング」的な使い方。

いわゆる「これはすごい」ページ。



  • 意見を述べたいページ


良くも悪くも何かしらの起爆剤があるページ。

議論を投げかけているページもこれに当たりそう。

勝手掲示板的な使い方。

いわゆる「これはひどい」ページ。


おそらくブックマーカーの特徴も

この3パターンに分かれると思う。


自分は1と2を合わせたカタチ。

話題のページはとりあえずブックマークするけれど

読んだら削除をするようにして、できる限りブックマーク数を減らす。

再利用するかもしれない、あとで使うかもしれないページは

削除せずに残すようにしている。


その辺の使い方を分けたシステム作りを行うと

もっと便利になりそう。


ブックマーカーを3タイプに分けても面白そう。


はてブの衆愚問題などは、

タイプの違いにより、使い方が異なるだけだと思う。



気になる競争3つ目 MNPにおけるケータイ業界

何といってもシェア一位のドコモ。

今回、一番、顧客を獲得しそうなAU。

実は全く安くない料金を掲げているソフトバンク。


月に1万は絶対に超えない自分としては、

どこであろうと問題はなく、

サービスが良ければいい。


開発者としてはドコモを持っておきたいところではある。

今更、AUはBrew(Javaアプリ)が登録制ではなくなるらしい。


ここ最近はKDDIのサービスの動きが弱くて先行き不安。

ドコモの方が頑張っているね。



気になる競争2つ目 スタバとタリーズ

スターバックスが値上げとのこと。


店舗拡大のための値上げということらしいのだが、

お客様の立場に立つならば直接的な影響を与える

価格を上げるのはスターバックスの経営方針にあっていない気がする。


一方、タリーズは伊藤園の傘下に入るとのこと。

個人的にはタリーズはタリーズブランドとして、

確立して欲しかったところ。

タリーズが伊藤園を買収だったらステキ。


スターバックスも、タリーズも好きなのだが、

もし隣あっていて、どちらに行くとなるとタリーズということになってしまいそうだ。

松田公太さんの本を読んだので親しみがあるし。

ある、恩師がスタバの社長になっていたら断然スタバだったでしょうけれど…。



気になる競争1つ目 Google+YouTubeとSecond Life

YouTubeが落ち着いたところで、

急浮上してきた「Second Life」。


ネットで生活するためのゲームというのが一番の説明かな。

まだ、やっていないので、分かっていないのだが、

すごい人数が参加しているらしい。


日本のテレビ局は終末に向けて歩き始めてしまったが、

果たしてゲーム業界はどうなることやら…。


任天堂は、さっさと「おいでよどうぶつの森」をケータイに対応させるべきだと思う。

「Mixi」と連携したらとんでもないことになりそう。

何故、ゲーム業界が「Mixi」と提携しないのかも分からない・・・。


ソニーは何も考えていないみたいだからどうでもよい…。


やはり、今の日本はマンガとアニメなのかなぁ。



ドリコムさんと丸かぶり

モノリスというモノを扱ったソーシャルブックマークサイトでも作るかー。


・・・と思っていたら、ドリコムさんに作られた…。

しかも、コンセプトが丸かぶり。


MONO+List


しかも、ドメインのmonolist.jpを取ったのが先週くらい。

せっかく、大金をはたいて買ったのに…。

↓自分のサイトです。

モノリス


ドリコムさん。

どうせだったら、ちゃんとドメインを取ってからサービス開発してください…。





という訳で、くやしいので

同じ名前のサービスで対抗してみたらどうだろうという企画。


打倒ドリコムということで誰か一緒に開発してみませんか?


商標とられたら終わりだな。

商標を取っているのかは確認していないが…。



ラグビー初観戦

ラグビーを見に行きましたが、

とりあえず、面白い画像が撮れたのでいくつかピックアップ。


米倉涼子を食べちゃいました。

061eb2d3.jpg


どきどきわくわく

fa66ebd1.jpg


慶應のミスコンなのにミスターが…

1f8ad10a.jpg

ミス候補の方々は見られず…。


球技という名の格闘技

3471bd88.jpg


大人数での相撲かと思いました。

d3231d22.jpg


抜けるような青空とラグビー。

ebe48796.jpg


一日で慶應の友達と慶應の人が所属するラグビーを見て、

隣の球場では明治対慶應をやっていたり、

渋谷では慶應のミスコンをやっていて、

慶應尽くめでした。


が、次の日のSFCのホームカミングデーも連合三田会も行きませんでした。

そこまで、行けばフルコース。



GyaOとYouTubeとAmazonの著作権管理

ちょいとGyaOとYouTubeとAmazonの著作権について比べてみる。


まずGyaO。


著作権は守ってはいるけれど

利用してはいないレベル。


マイナスではないがプラスでもないといったところ。



次にYouTube。


ほとんど守れていない。

が守ろうという気持ちはあるレベル。


明らかにマイナス。



最後にAmazon。


著作権は守りながらも

Amazon側だけでなく、

利用者がデータを使える状態。


プラスしかない。


上記、3サイトは、それぞれ膨大なデータベースを持っている。

しかし、利用者が安心し、楽しく使用しているのは

Amazonしかない。


Amazonの著作権管理はすごい。

例えば以下の夢と魔法の国のねずみについてだが、

かなり著作権管理が厳しかったはず。



ミッキーマウス・マーチ

ミッキーマウス・マーチ








それが簡単にブログに貼れてしまう訳ですよ。

(ジャニーズは相変わらず厳しいみたいで画像がないが…)


GyaOは、動画を見るだけでブログに貼ることはできない。

ってことは宣伝にはならない。

面白いと思っても紹介ができない。


YouTubeは、著作権があるものは貼れない。

貼ってもよいけれど訴えられても知らないよと。


↓みたいな素人が作ったものなら良いが…。(音楽はヤバイ)


D


ということで、


著作権に対する強さは以下の順。


YouTube < GyaO << Amazon 


で動画コンテンツの量は以下の順。


YouTube >> GyaO > Amazon


てな訳で、YouTubeとAmazonがくっついたら

とんでもないことになるかなと。



GoogleのYoutube買収について

自分がYoutubeに目をつけたのが

1年前の「2005-11-19」。

下がそのエントリ。


http://d.hatena.ne.jp/ikko615/20051119/1132357422


電車男も目を付けてから

テレビ放送まで1年ぐらいだったから、

大体、1年経つと何かが起こるみたいだ。


今回、世間が注目をするところは、2点あり、

「買収額」と「著作権」みたいだ。


買収額は「16億5000万ドル」ということで、

黒字になるか分からないと言われていたサービスを

破格な値段で買うとは恐れ入った。


ただ、まぁ、Googleは金は余っているだろうから

それはよいとして、

やはり注目は「著作権問題」。


Youtubeのウリの半分(以上かも)は違法コンテンツが見れること。

正直、1年前は、すぐに潰されるだろうなと思って、

気にはしていたが、よく生き延びているものだと思う。


元々、著作権問題では苦労しているGoogleだからこそ、

それを恐れずに買収できたのかもしれませんね。


アメリカのメディアは見方に付けたけれども、

日本は、なかなか難しいだろうな。


テレビ局、映画業界はダメだろうけれど、

せめてアニメ、ゲーム業界はうまく乗ってほしいところ。


それにしても、正直言うと、

「Youtube」は「Google」が買収するよりも「Amazon」が買収してくれた方が面白かった。


「Amazon」の権利関係(Webサービスなどの情報、画像など)の強さは恐ろしいので、

無料で映像は見られるけれど著作権も守りますという文化が作れる気がする。

「Google」はひたすら無視しそうなので…。


そうなれば「Google」対「Amazon」を「Google Video」対「Youtube」という形式で楽しめた。


余談だが11月号の日系トレンディの中でiPodがWeb2.0という記述があったが、

Web2.0どころかブラウザすら使っていないのでWeb1.0にもなっていないと思う。

「ネット接続 = Web2.0」という意味で書くのはおかしいと思う。


iPodでは情報の受信はできても発信はできないからね。

どちらにしてもエレクトロニクス業界は終わった。

追記

と思ったけれどプレイリストぐらいは発信できました。

Mixiがやってるしね。

それだけでも充分Web2.0かも。



江ノ島

江ノ島においしいお寿司屋があるということで

相方と行ってきました。


が、3時ごろ家を出たら、着いたのは5時くらいで、

まずは夕日から。


台風の後ということもあって、

雲も少なくきれいな夕焼けが見れました。

しかも、富士山付。


その後、灯台の展望台に行く道の途中の見晴台からの景色で、

黄色いドーム状の建物があると思ったら、

月でした。


山の上に半月上になるくらい低いこともあるんですね。

驚いた。


で、展望台に登る。


エレベーターで渋滞。

カップルだらけ。

しかも、若い。


展望台からの景色も雲が少なく月がきれいでした。


で、お目当ての寿司屋と思ったのですが、

結局、違うお店で食べました。

トロ、ハマグリ最高!


江ノ島は一年に一回は必ず行きたいな。

今度はゆっくりと鎌倉も含めて歩きたい。



最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ