異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

2006年01月

地方局の錬金術

地方局って、基本的にキー局(NHK、日テレ、TBS、フジ、テレ東)の番組を無料で流せるらしい。

それぞれのキー局は、全ての地方で放送を流したいためだからだそうです。

広告が主体の業界、コンテンツだと、面白い提供の仕方ができますね。

ってことで、地方局は最悪、ぼーっとしているだけで金が稼げます。

キー局と仲良くなれれば、放送局は無料で作れます。

テレビ放送をしていない地域を探さなければなりませんが…。

地方局は、各キー局が、本格的に衛星放送、

インターネット放送を行うと潰れるというリスクもありますが…。

何だかんだ言って、現在は国が、地方局を守っているそうです。

特にN●Kは全ての都道府県に存在しますしね。

さて、この業界を、どう調理してやりましょうか…。



顧客視点は無意味

前回、「株価は信じられんな」という記事を書きましたが、

場合によっては、株主も信じられないと思う。

正確には、短期思考株主(投資家ではなく、投機家)が信じられないということ。

更にいうなら、一部の評論家も信じられないかも。

「イノベーションのジレンマ」という本を読んだこと、

「ライブドア」関連の話に影響を受けて、

最近、特に思うことを、見事に偏った意見から書いてみます。

この記事が、顧客視点について分かりやすく書かれていました。

はてなのいつか終わる夢

今回は、大企業、特にエレクトロニクスに関する企業に対して

という視点で書きます。

●顧客視点の無意味さ

前回、某企業は終わりということを書きましたが、

これから株価が上がることはないと考える理由は2点。

 1.新規事業を捨てたこと

 2.顧客視点を重視したこと

1番目は、新しい製品がなくなるのだから、

予想できるのは当たり前なのだけれど、

2番目が、特に重要だと思われます。

訳すなら

「自分では考えませんので、みなさんのご意見をお聞かせください」

ということ。

最近は、結構、言われるようになりましたが、

顧客(市場)の意見を聞いても何も意味がない。

新商品開発にアンケート情報は役立たない:IT Pro

カンタンに言うならば、それは、誰にでも分かることだから

●短期的思考

ハードを作るのには、最低でも3年かかります。

つまり、他の企業より、2年間早く、新製品をつくるためには、

5年前に、5年後の未来を知っていなければならないということ。

つまり、顧客の意見を聞いてから、製品を作ったとしても、

それは、3年も遅れた製品ということになります。

株主に関しては、1日の株価の上がり下がりで企業を評価しても

企業にとっては何も意味がないということ。

3年という長いスパンで投資ができる個人投資家はいないでしょう。

顧客、株主は、短期的な意見が多い気がします。

●プロフェッショナルという視点

顧客よりも5年分の先見性を持ち、それを実行するには、

「プロフェッショナル」という視点が必要だと思われます。

「プロフェッショナル」が、某企業には存在しない、

というよりは、「プロフェッショナル」を作る土台が皆無です。

そもそも、先見性を持ち、

最初にアイデアを出す「商品企画」の部署が

会社の何処を見渡してもありません。

「商品企画」という名の営業部隊はありますが、

上から言われるのは

 ・顧客の視点に立ったものを作れ

 ・3ヶ月で新製品を作れ

これでは、

「前機種より要領は何GBアップ、速度は少し向上」

みたいなものしか作れません。

この前、銀座の何とかビルに行ったら

「商品企画」の方が、営業してました。

そんな、暇があったら、もっと街に出て

遊んでいいから刺激を受けてもらいたい。

建物の中でウジウジしていても、良い製品が生まれるわけない。

「商品企画」の方に

 「元々、営業であった経験は

  商品企画に活かされていますか?」

と質問したところ、言葉を濁していました。

●例外

以上の顧客視点というのは、

開発をするのに最低でも3年はかかるハード業界のこと。

ソフト業界、サービス業界、エンターテイメント業界は、

製品の開発スパンが短いため、

顧客視点も重視しなければならなく、更に大変かもしれない。

4798100234イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
クレイトン・クリステンセン
翔泳社 2001-07

by G-Tools



株価は信じられんな

asahi.com: ソニー株が急騰 720円高、値上がり率で東証トップ - ビジネス

http://www.asahi.com/business/update/0127/162.html

みんな、騙されたらあかんよ。

実態はこれ↓

PSPの理想と現実。

http://coffeewriter.com/051006.html

新しい未来の事業を全て切り捨てた企業に未来はない。

大きな老人収容所にしかならん。

10年後の株価はライブドアと同じくらいじゃないかな。

あるいは、買収されて会社がなくなっているかも。



映画業界を分析中

映画業界を分析しています。

で、とりあえず、雑誌から入ってみたのだけれど、

とりあえず箇条書きでこんな感じ。

・映画の雑誌は少ない

・洋画より邦画に関する本が多い

・本屋によって、映画の雑誌の種類が異なる

・邦画と洋画が、ほぼ完璧に分かれている

・出演者を中心とした雑誌が多い

・大抵、DVDの特集とセットになっている

これらより類推することは、

・邦画が好きな人と、洋画が好きな人は異なる。

・映画の興味を持つポイントは出演者

・原作→映画→DVD(レンタル)→テレビ→オンデマンド(ネット配信)という流れ

        →ゲーム

最近だと、「ファイナルファンタジーアドベントチルドレン」が、

映画を抜かして「DVD」となっている。

映画の消費サイクルが、どんどん早くなっているように

思われるから、それをうまく使った、コンテンツなりビジネスが

必要になってくるのではないだろうか。

丁度よいタイミングで、こんなサイトができる模様。

いい感じだ。

映像や音楽の著作権検索サイト、経団連が開設へ : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060127it08.htm

とりあえず、これから、映画業界、広告業界に革命を起こしたいものだ。

現在の職業柄、テレビ業界にも革命を起こしたいところ。

内部から見れば崩せる穴はいくらでもある。

というよりも、日本の大企業と同じく、

おそらく、自然と崩れるので、壊すこと考えずに済みそうだが…。

2011年、全デジタル放送化の前に

デジタル放送のニーズを失くすのが夢という名の野望。

↓かなり、売れているらしい。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)
櫻井孝宏,森川智之,伊藤歩,小林正寛,鈴木省吾,森久保祥太郎
¥3840

1997年に発売されたゲーム「FINAL FANTASY 7」の続編を描いたハイクオリティCGムービー。声の出演は櫻井孝宏、森川智之、森久保祥太郎ほか。

この話題に関するクチコミ(604件)を見る

話題の.jp



この2日間、日本の腐っている部分が見えてウケル

社会の裏で悪いことをしている

変化を好まない保守的な方々に

はめられたとしか思えない堀江さん。

堀江さんの罪は明らかなのだから、

面白くともなんともない。

それよりも、明らかに、堀江さん並に

モラルに反することをしているであろう人たちが

テレビでコメントをしていることが笑える。

日本の腐っている部分が目に見えて明らかになって

笑いながら、一日中、テレビを見てました。

一応、テレビを見るのも仕事です。

今、大企業と呼ばれている企業で、本当に健全だと言える経営を

行っている企業があるとは思えない。

堀江さんは

ただ、単に根回しが下手だっただけなのではとも思ってしまう。

ここぞとばかり自民党たたきを行う民主党。

日本の終身雇用が素晴らしいと言ってしまった経団連。

テレビで、ほら見たことかと言わんばかりのナベツネ。

一気に士気の下がった自民党。

新橋のサラリーマンの一部。

アンチホリエ組の発言やら、

立ち居振る舞いを見ていると

現代を見ているはずなのだが、

江戸時代の開国前の映像を見ているようだ。

ほんと、維新志士が邪魔で仕方なかったようですね。

今回の件で、日本は変化をする速度を失ってしまったと思う。

日本の開国は5〜10年は遅れたのではなかろうか。

ていうか、10年後に日本があったらの話だけれども…。

海外の文化を取り入れて日本の文化を融合させた「明治維新」、

アメリカの技術なり文化が入ってきた「戦後」に引き続き

変革の時代が訪れなければいけないときに、この有様。

現在と未来の若者達だけでも、この渦に影響はされるものの

巻き込まれないようにしなければいけないと思う。

livedoor 社長日記
livedoor 社長日記

この話題に関するクチコミ(832件)を見る

話題の.jp



島籠もり

土曜日の昼に関東に帰ってきたと思ったら

今日から2月4日まで、ずっと福島。

厚木には10時間もいなかったし

我が家には1時間しかいなかった。





指揮者と社長という職業

指揮者と社長は似ている気がした。

高校時代にコーラス部で指揮者をやったことがあるが

指揮者に求められのは技術、センスだけではないと思った。

皆を引っ張るリーダー性、信頼性、

部員の体調まで管理するマネージメント、

つらい時でも乗り換えるためのカリスマ性

が必要。

知識で言うならば、

合唱ならソプラノからベースまでと

ピアノなどの演奏を完璧に覚えなければならない。

オーケストラなら更に大変だ。

芸術まで高めるならば、更に自分の表現も加えなければならない。

高校時代は舞台の演出まで考えてました。

これらって、ビジネス界での社長、そのままの気がする。

考え方もビジネスに適用できるのではないかと考えた。

ちょいと、高校時代の原点から戻って考えてみるかな。

昨日、「高校時代に何をやってましたか?」という

質問に答えていて思い出してみた。





公共広告機構について

公共広告機構がたくさん流れているときは

何かしらの原因でCMが流れなかったときの代わりだったりします。

例えば、ホリエモンが、このまま、

逮捕ってことになったら、

ライブドアオートのCMは「公共広告機構」になったりします。

急遽、変更になった場合に、スポンサー企業とは

関係ないCMを流すみたいです。

そのため、「公共広告機構」。

ってことで、「公共広告機構」が多いときは、

日本のどこかで事件が起きています。

「公共広告機構」だけではなく、局の「番宣」などにも

差し替えられる可能性があるらしい。

ライブドアオート開店CM
ライブドアオート開店CM

この話題に関するクチコミ(89件)を見る

話題の.jp


CM自体が事件だ…。



【臨界】第1ティッピングポイント通過か?【突破】

とりあえず



So-netが10周年記念イベント、ブログで話題の単語を表示する新サービス公開

僕にやらせろと…。

話題の.jp好調です。

かなり、ページビューが伸びてきています。

いろいろな面白い話も舞い込んできています。

どうやら、軽いティッピングポイントを超えたみたいです。

本当に、特に何かを変えた訳ではないのに

変わりました。

おそらく、認知率の問題だと思われる。

Alexaにも画像が作られました!

まだ、rankは50,244位。

がんばらないとなー。

最近、また、いろいろなサイトが「クチコミ」というキーワードで

リリースしているので、気をつけないとです。

でも、まずは、競合よりも自分たちを押し上げないといけませんね。

とりあえず、サーバが危険なので、改善します。

最近、話題の.jpの情報を見ていると、

「ニュース」「テレビ」「映画」って、性質の異なるメディアだということが

良く分かる。

「ニュース」は一過性。

「テレビ」は定期的。

「映画」は長いのと一瞬で消えるのがある。

また、扱う情報としても

「ニュース」だと同じ話題が多かったりするけれど

「テレビ」「映画」は重なるはずがない。

うまく、そういった部分の特徴を出していきたいな。

何か、ご意見やご要望がありましたら

ikko@wadaino.jp

まで是非!!

もちろんサイトもよろしくです。

話題の.jp



【在庫】実家改装につきマンガ整理【処分】

実家がとある事件をきっかけに

新築に建て替えることになりました。

子供たちは全員、外に出てしまったので、

老人二人が暮らすのに丁度良い家にするみたいです。

で、あまりに急に話が進んでいるので

実家にそのままになっている自分の部屋の整理に追われています。

第一弾は思い出の品の選別。

一番、面白かったのは中学時代に書いた

「駅伝廃止運動」の企画書。

生徒会長権限で、アンケートを集めて、

大嫌いな駅伝を潰しにかかったのですが、

そのときのアンケートなどが出てきました。

それが、割と論理的にまとまっていて、中々よくできている。

これなら、先生も駅伝を潰すしかない。

で、第二弾は「マンガ一掃処分」。

今回、生き残ったマンガは以下の作品(作者系列は全て残してます)

 ・ジョジョの奇妙な冒険(人生のバイブル)

 ・ピンポン(青春のバイブル)

 ・のだめカンタービレ(最近のバイブル)

 などなど。

ただいま住んでいる寮では

「ジョジョ」と「松本大洋」と「のだめ」に囲まれて寝ています。

逆に既に、地獄(ブックオフ)行きに決定なのは

 ・ヒカルの碁

 ・突撃パッパラ隊

 ・からくりサーカス

 ・School Rumble

 ・エンジェルハート

 ・バカボンド

 ・湘南純愛組!(デラックス)

 ・るろうに検心

 ・DNA2

 ・エヴァンゲリオン

 ・ボンボン坂高校演劇部

 ・ラブひな

 ・ヘルシング

 ・幽遊白書

 ・スラムダンク

 ・いいひと

欲しい人には、差し上げますが、

受け渡すのが困難な場合は拒否します。(応相談)

まぁ、マンガを見ると、その人の世代が分かりますね。

やはり、捨てるのは小中学校時代のマンガか…。

これで、半分くらいか…。

まだまだ、先は長い。

ていうか、マンガ買いすぎた…。

実際に読んだマンガは、これの10倍以上だろうけれど…。

てか、今、考えたら整理したいのは、

マンガだけではなく、本もでした。

結局、一番、残したのはビジネス関連書籍。

大学の学部が環境情報学部なのですが、

コンピュータ関連の本より、ビジネス関連の本の方が

多く読んでいたことが判明。

コンピュータ関連の本は、頭の中に大体入っていし、

情報も古いので全て処分。

ついでだから、「のだめ」を貼ってみる。

のだめカンタービレ #14 (14)
二ノ宮 知子
¥410

この話題に関するクチコミ(161件)を見る

話題の.jp



最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ