異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

2005年11月

北海道の女の子

北海道の女の子はレベルが高い。

何が高いかって、当然かわいさ。

具体的に書くと、

他の地方より、

 ・目が大きい娘が多い。

 ・鼻が高い娘が多い。

 ・色白が多い。

気候と食べ物の違いですかね。

それが、僕の好みかって言ったら違うのだけれど

客観的に見たらレベルは、高いと思います。

ちなみに、北海道に着き

いきなり道に迷い、駅の場所を尋ねることにしました…。

で、道には迷いましたが、迷わず美人に声をかけました。

てか、声をかけようとしたら…




後ずさりされたー。




まぁね、全身、黒ずくめだし、

場所、「すすきの」だし…、

顔ニヤニヤしてるし…(生まれつき)。

(基礎知識:すすきのは風俗が多く、我が母校の何とか高校の札幌修学旅行では

 夜中に抜け出して、夜の街に繰り出すという習わしがあったりなかったり…)

でも、道を聞いたら、すごい親切に教えてくれました。

美人で親切…、天は二物を与えますね。

関係ないが、今、働いているところは、

TVK「saku saku」と並ぶ、

超人気ローカル番組「水曜どうでしょう」の生誕地だった。

さすが、味わい深い局です。

↓これ

[水曜どうでしょう official website]
HTBの大人気深夜番組「水曜どうでしょう」の公式ホームページです。

この話題に関するクチコミ(1287件)を見る

話題の.jp


↓何だか分からないが、こんなのもあった。

::: HTBアナウンサーズ :::::: HTBアナウンサーズ :::
::: HTBアナウンサーズ :::

この話題に関するクチコミ(23件)を見る

話題の.jp





【追記】

この記事、書いた後、すぐ相棒から電話がありました。

果たして、明日は僕を家に入れさせてくれるでしょうか…。



話題の.jpからみる流行語大賞

話題の.jpにて「話題の.jpからみる流行語大賞」という

特集を行っています。

http://wadaino.jp/topics/?p=24

第1回 流行りモノ

http://wadaino.jp/topics/?p=26

第2回 政治 ・ ビジネス ・ 環境/エコ

http://wadaino.jp/topics/?p=27

第3回 ニュース/社会現象 ・ ネット

第4回 スポーツ ・ お笑い

と4回に分けてジャンル毎に特集しています。

既に1、2回は公開されています(自分のブログに書くのが遅れた…)

ってことで、「何故、この流行語が流行ったの?」という

疑問はこれらのページを見れば、解決すると思われます。

保証はしません。

やはり、流行語となる言葉は

ネット上でも話題になっているもんですね。

話題の.jpプロジェクトの編集長やら、ライターさんやらが

がんばって書いていますので

是非、一度、ご覧になってみてください。

で、今更、自分で覗いてみると辞書みたいになってますな。



ホタテを喰らう in 北海道

一食目は「ホタテラーメン」@特一番。

北海道出張に来てます。

思ったよりも寒くなくて拍子抜け。

いや、寒いが心地よい寒さ。

雪は降ってません。

さて、北海道出張は2、3日で終わるので

活動的なことはできないな。

仕事もどれくらい忙しいか分からんし。

うちの会社に就職するにあたり

最も期待したことが日本中を飛び回ること

なので

一応、目的は達成中だな。





2週連続銀座

イケテナイ会社が、

経営状態を赤いライトアップで表現しております。

今度は、潔いですね。



2週連続銀座に行きました。

今日は、明日からの北海道出張のために、

ダウンジャケットを買うために参りました。

が、その前に、ビックカメラにて出張のお供、

NintendoDSを買ってしまいました。


非国民決定(PSPは持ってません)


で、ソフトはこれ↓

おいでよ どうぶつの森おいでよ どうぶつの森
どうぶつ達が暮らすフシギな村で、自由気ままに暮らしてみませんか?

この話題に関するクチコミ(486件)を見る

話題の.jp


おいでよ どうぶつの森

¥4079

この話題に関するクチコミ(419件)を見る

話題の.jp


ちょいと、ケータイオンラインゲームと

すれ違い通信を使って、あることを

試したいと思い、このソフトを選択しました。

実験後に報告します。

で、バッグにNintendoDSを仕込ませながら

初ンニービルに潜入ってことですよ。

中は時間があれば、結構楽しめる。

外国人が多かった。

どうやら、観光名所みたいになっているっぽい。

さすが、海外ではブランド高いね。

でホームシアターに行ったら

商品企画の先輩に会いました。

…が、企画なのに何故、営業をやっているんでしょうか。

どうやら、うちの会社、企画する部署ってないっぽい…。

その後、西武のTOMORROWLANDでダウンジャケットを買う。

CKと迷ったが、まぁ、すっきり着られる方を選んでみた。

3万円。

NintendoDSとソフトよりも高い。

大安ということで有楽町の前は

すげえ行列。

銀座はエキサイティングな街です。



ホームシアター設置

今月の手取りは26万円でした。

で、寮費は抜かれているので実質28万…。

が、来月のカード決済はヤバイはず…。

先日、届いた

ホームシアターを設置してみました。

すごい!!

と言いたいところだが

夜だったため音量小さめ。

良さを確認できず…。

S-Masterと呼ばれるアンプ付きのため、

DVD、ゲームだけではなく、CDも良い音で聞けます。

とりあえず、この先、10年間は使える

ハイスペックものは手に入れたので、

今度は、モバイル系に手を出してみたいと思います。

ってことで、また、北海道、福島出張もあるし、

「NintendoDS」を買ってみたいと思います。

だって、「マリオカート」をネットでやってみたいもの。

誰か、一緒にやりませんか?



ORF2005(オープンリサーチフォーラム)

SFCの研究発表であるORFのため六本木ヒルズに行ってまいりました。

▲久々の再開

久々に同期、先輩、後輩と会ったりしました。

が、同期に関しては、結構、頻繁に会ったりするため

久しぶりも何もないっす。

ってことで、あまり名刺は配ってません。

が、サイドビジネスの名刺は、知っている人にも

配らせていただきました。

すごい数の、すごい人たちと、

関わりあっていたんだと改めて感じた。

何故か分からないが

社会に出てから知り合った人も何人もいる。

研究会×4、サークル、授業(グルワ)、高校

野球、ダチンコ、KEO、Keio CanDoNet、塾長室、話題の.jp

常にマルチタスクで動いていてただけあり、

分野も幅広く知り合いがいて面白い。

▲テーマ

今回のテーマは「レッドクイーンの法則」。

「鏡の国のアリス」の台詞「せめてその倍の速さで走らないとね!」って状況らしい。

サイドビジネスをやっている自分は倍の速度というよりは、

二人三脚を一人で走っているってことか?

速いことも大事だが、遅くても早ければ良い気もする。

▲望むこと

せっかく、環境情報学部、総合政策学部、看護医療学部と

あるのに、主に環境情報学部の発表の場が主となっており残念。

もっと、大学内でもコラボレーションをするべき。

あとブースが研究会ごとに分けられているのも古臭い。

研究会の枠を超えて、テーマごとに分けてブースを作れば

見ている側としても、回りやすいし、

発表する側もお互いに刺激しあえるでしょう。

▲うちの相棒が困ってました。

そういえば、うちの相棒が、萩野研究室の

みんなから攻められて困っていました。

どうやら、あまりにも僕が悪評というかネタを使ってしまい、

悪印象を与えてしまったようです。

反省…。

一応、弁明しておくと、

うちの相棒は、洗濯、料理、掃除なんでもしてくれます。

で、僕は食器洗いとマッサージくらいしかできないダメ男なもんで、

非常に助かっております。

そんな、相棒なので、みなさん優しくしてやってください。



「ビジョン」と「リアル」これからの「大学」と「企業」

今回、SFCのORFに行き、今まで僕の中で明確になっていなかった

世の中の構造が、経験として得られることができた。

▲ビジョンとリアル

今回、総括して思いついた二つの言葉は「ビジョン」と「リアル」。

これは、現在の「大学」と「企業」に置き換えられる。

ただし、「企業」とは、「大企業」のこと。

「ビジョン」とは、これから先の世の中がどうなっていくのかを

確実に見据える力。

「夢」「希望」「理想」など。

「リアル」とは、「現場」、「現実」のこと。

マスコミを通したものではなく、

自らが体験して、世の中がどんなに腐っているのかを

理解し、受け止める力。

▲ビジョン

「大学」(教授陣、および学生)は、とてつもなく先を見ることができる

「ビジョン」を持っている。

世の中が、これからどうなって行くかが分かっている。

しかも、おそらく、それは100%現実になると思う。

「ビジョン」=「理想論」として、

世の中が良くなっていくものと仮定すれば、

その通りになるのが、当たり前と言えば当たり前。

一方、「企業」は「ビジョン」がない。

ただし、経営者は「ビジョン」を持っている。

しかし、一般社員に「ビジョン」を植えつける力を

持っている経営者は、少ない。

特に日本の技術力を持ったエレクトロニクスの会社は、

3年先どころか、現在ですら、危うい。

学生が社長レベルの人たちと、割と肩を並べて

話すことができるのは、「ビジョン」が共有できるからだと思う。

逆に、「若者」と話せないと考える「年寄り」は

夢も希望もなくした化石。

▲リアル

「企業」は、世の中の汚さ、つまらなさ、どうしようもなさを全て知っている。

それは、「理想」という言葉を、遠く離れた「現実」。

現在の電機メーカー市場は、マスコミで取り上げられている以上に汚い。

特に、現在の勝ち組ほど、本来の経営理念とは、かけ離れている。

「リベート」と呼ばれた公の「賄賂」。

「ヘルパー」と呼ばれた「奴隷制度」。

ただ、その汚さが許される限り、それに勝てないようなら、

潰れた方が良い。むしろ、早く潰れるべき。

「大学」は、その「リアル」を知らない。

世の中には、「クリエイティブ」な仕事は、ほとんどない。

自分の実力を思う存分発揮できる場も、ほとんどない。

「ビジョン」を掲げることはできるが、実行できないということもあるだろう。

▲企業のビジョンの作り方

まず、「企業」が何故、「ビジョン」を持たないか。

 原因1 ビジョンを教える教育制度がない

大学と違い、企業には教育という言葉がゼロに近い

そんな中で、最新の世の中の動向を知れということが無理。

 原因2 ビジョンを持っている人からやめてしまう

「ビジョン」を持っていればいるほど、大企業が、

どれだけ腐っているかを知っている。

また、そこから抜け出しても生きていける力を持っている。

だから、いなくなる。

トップである経営者が、いくら素晴らしい「ビジョン」を持っていたとしても、

それを実行する社員が、「ビジョン」を共有していなければ実現できない。 

では、何をすればよいのかというと、

やはり「教育」であると思う。

経営者の理念などを、異常(宗教)な程に教育を施している

「トヨタ」「京セラ」などが挙げられる。

そこまでとは言わなくても「IBM」などのように、

体系的に教育する制度を

各社が取り入れた方が良いと思われる。

▲大学のリアルの作り方

何故、大学に「リアル」がないのか?

 原因1 社会人(年寄り)がいない

現在の大学は、学部だと18歳から22歳。

正直、その年齢しかいない団体なんて、普通に考えると気持ち悪い。

その年齢だけで、「日本のなんたるか」なんて話してたら気持ち悪い。

結論から言うと、「社会人」も大学に入れるべきだと思う。

それは、僕が「大学」に戻りたいからとかではなく、

そうなるのが、自然だと思う。

だって、有名教授、有名社長の講義などを受けられるのが

若者だけってズルイ。

▲ビジョンとリアルの融合=教育

「大学」と「企業」の両方が「ビジョン」と「リアル」を共有するにはどうすればよいか。

結論は、僕が昔、最終的に考え出した「日本を変える方法」=「教育」という考え。

具体的に教育を行うプランを書くと

 プラン1. 社会人は3年に一度、「大学」で1年〜2年間、勉強する。

 プラン2. 1週間の内、3日を「企業」、2日を「大学」で過ごす。

 プラン3. 「企業」は新卒採用をやめ、「大学」は高校卒業後入学をやめ、学年を廃止する。

これにより、大学で、企業、社会の意見を交えて勉強することができる。

しかも、年齢も関係なく。

企業は、常に最新の技術、知識を得ることができる。

また、若者の先見性、柔軟なアイデアも取り入れることができる。

オマケ作用として

大学にとってはターゲット層を18〜22より広げられるので

少子高齢化社会にも適応できる。

今、人材業界も含めて、新卒採用に対して、

企業に斡旋したりするベンチャーが多い。

しかし、将来、新卒採用がなくなるかもしれない現状において

考えなければならないのは、人と仕事の本質的なマッチングであり、

人材の流動性をよくすることであると思う。

上記に書いたプランを実現させるとしたら、

「大学」よりも上、「企業」よりも上の次元において、

動かなければならない。

となると、最も適しているのは「国」の力かもしれない。

が、今のこの「国」の力では、実現は不可能であろう。

で、僕が実現させるために、やらなければいけないことは

まず「国」を超えること。

でかすぎ。



出稼ぎの前に

明後日から福島出張、そのあと北海道出張、

でまた、福島出張と出張続きです。

出張費13000円/日が出るものの

出稼ぎの傭兵気分たっぷりです。

で出張前に、色々と作業を進めてます。

それにしても、土曜日、渋谷、日曜日、銀座、上野、

月曜日、下北沢、火曜日、六本木と

東京めぐりしてます。

何で厚木に住んでいるんだろう。

今日は、有休取って、これから六本木ヒルズでORFです。

楽しみだー。

よし六本木着いた。





マジックスパイスでホットな議論

大学の友達の杉谷君と久々に会って

下北沢のマジックスパイスに行きました。

このマジックスパイスは北海道で有名なスープカレーのお店。

関東では、ほとんどなく

確か、渋谷と下北沢だけだったと思う。

前々から行きたかったのでセッティングさせていただきました。

店は駅から少し歩き

分かりづらい場所にあるのに

満席、20分待ち。

やはり、雰囲気も、味も不思議。

辛さが何種類かから選べて、辛めの「涅槃」を頼みました。

結構辛い。

店員さんの態度もよく

おいしかったので、また来ます。

杉谷君は、僕が「話題の.jp」で

活動しているのに興味を持ってくれて

誘っていただきました。

お互いの近況報告とアツイ議論を交わすことができました。

メディア系の仕事は楽しそうで羨ましい。

非常に勉強になりました。

相変わらず、杉谷君はナイスガイだなー。

見習います。





初銀座

相棒に僕の服を見てもらうために銀座にショッピング。

実は銀座には結構行くけれど

ブランド店の並びには行ったことがなかった。

はい、非モテ、貧乏をカミングアウト!

だってブランドを見てもサルを見分けるくらい

見分けがつかないのです。

相棒が銀座が好きなのは

・人が少なく静か。

・人の層が良い。

かららしい。

確かに、落ち着いたスローテンポな街です。

でいつのまにやら、相棒のショッピングに

付き合う形に変化していった訳なのですが

よく見るとブランド毎に特徴はありますね。

LVの良さは、いまだに分かりませんが。

結局、ブルガリの名刺入れをお揃いで買いました。

今、気が付いたが本業で配った名刺は10枚以下。

でプライベート、サイドビジネスでは、営業ばりに配ってます。

名刺入れは完全に自分への投資ですね。

きちんと、ピエールマルコリーニと

アップルストアは押さえました。





最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ