異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

ソシャゲのSAPが開発したスマホのゲームを見限る条件

ドラゴンポーカーが非常に微妙な出来だったので、
何故、ガラケー向けのソシャゲを作っていた会社がスマホでうまく成功しないのかを考えていたら、
結構、色々な要素が浮かんだので、ブログでまとめてみたいと思いました。

が、その前に、
私はランキングに上がっているゲームは
一通りインストールして、立ち上げるのですが、
自分の中での条件をクリアしないと即アンインストールするので、
その条件を挙げておきたいと思います。

それぞれの理由は、別のエントリーでまとめます。

上から順に優先度が高いです。

・側ネイティブである
・意味が無い所でスクロールしなければならない
・意味が無い所でページングがある
・画面を横向きにしなければならない
・立ち上げる度にログインしなければならない
・チュートリアルが長い
・ユーザが取れるアクションが多すぎる
・奪われる、奪い取るアクションがある
・ネットワークに頻繁に繋がる
・レベルアップによるポイント振り分けがある
・ゲーム内広告(期間限定イベントなどへの誘導)が多い
・友だちと期間限定で力を合わせる要素がある
・友だちとの挨拶で友だちポイントゲット要素がある
・文字が小さい
・文字が多い
・キャラクターがカードである
・スタミナクリックゲーである
・キャラクターにスキルがない(HP、攻撃力、防御力のみ)

「側ネイティブである」時点で、
グリーのゲームは全部アウトかもしれませんね。
まぁ、ブラウザゲームについてはやってもいませんが…。

まだ、抜けてそうなので追記するかも。

ディズニーランドの楽しさの肝は情報格差かもしれない

3月にディズニーランドの年パスを購入してからは
自宅より徒歩20分ということもあり、頻繁に行っていたのですが、
ディズニーランドの面白さの仕組みを一つ発見した気がします。

GW前とGW中に行った際に大きな違いがありました。

スモークターキーレッグという食べ物が屋台的な
チャックワゴンというところで売っているのですが、
GW前は並ばずに変えたのに、GW中は長蛇の列でした。

チャックワゴン | 東京ディズニーランド

GW中に行った際も簡単に買えるかと思ったら、
そんなことはなく、夜のパレードの前ということもあるのか、
50人〜100人くらい並んでいたように思われます。

さすがに並べないなと思って、
あまり、行ったことの無いトムソーヤ島いかだの方に行ってみたところ、
ラッキーナゲット・カフェがありました。
そちらで、何か軽食が無いかと調べたところ、
普通に、先ほどの「スモークターキーレッグ」が売っていました。
しかもレジはGW中にも関わらず、並んでおらず、
席もがら空きでした。

ラッキーナゲット・カフェ | 東京ディズニーランド

ここで、ディズニーランドは情報を持っているかどうかで
優位に立つことができるということに気が付きました。

今回の経験で私はディズニーランドの「裏ワザ」を知ることができました。
これで、他の友だちとか、ネット上とかに教えることができるようになります。
昔のファミコン時代に攻略方法を友達とやりとりしているものと似ているなぁと思います。

また、知ることによって、よりディズニーランドの楽しさが広がるので、
ゲストとしての成長もされるのかなと思います。

最近、下記のようなまとめがありましたが、

ディズニーランドを遊びつくす便利な裏技まとめ - NAVERまとめ

参照されているサイトを見ると、結構、昔のテキストサイトが多かったりして、
思った以上にネット上に裏技は転がっていないのかなと思います。

あと、もう一つの気づきとして、
ディズニーランドが敢えてこのような方向に仕向けている気がします。

いわゆるサービス業としてのおもてなしからすると、
先ほどのワゴンで行列ができており、そこから歩いて5分くらいのところで、
並ばずに買えるのだとしたら、キャストの人が誘導するか
教えてもよい気がします。

が、敢えてそういうことをしないのは
ディズニーランドは
「アトラクションを楽しむ」のも目的だとは思いますが、それ以上に、
「面白さを発見することを楽しむ」のが目的なのかなぁと思います。
そういう点では、簡単に教えてしまうと、目的が果たせなくなりますし、
あえて、情報格差を産むことで、来る度に発見がある体験を
提供しているのかもしれません。

というのを書いていたけれど、
これもディズニーランドファンの方には当たり前の話しなんだろうなぁw

Groovyから見る理想的な音楽プレイヤー

iPhone版Groovyがリリースされて試してみたのですが、
予想と実際のプレイヤーが思った以上にかけ離れており、
Groovyをレビューした上で
自分の考える理想な音楽プレイヤーを差分的に出してみようかと思いました。



レコメンドが弱い
49

Groovyは聴いている曲に応じて曲に出会えるような
コンセプトだったと思うのですが
レコメンド機能が「Last.fm」の機能を借りてきている上
曲単位で、しかも静的な状態でしか、レコメンドされないので、
ほとんど繋がりがわかりませんでした。

繋がりたいのはアーティストであってジャンルではない
12

Groovyは曲を聴いていると自動的にアーティストとジャンルの
「ファン(フォロー的な扱い」になります。
ファンになると「フィード」というタブで関連情報が流れるようになります。

が、私の場合、ジャンルにつながった瞬間に興味が無い「アーティスト」の情報が
「フィード」に流れ込み「フィード」が使い物にならなくなりました。

ということで、自動的にファンになる「ジャンル」を手動で解除している感じですね。

大きくは興味のあるジャンルなのですが興味が無い「アーティスト」を
ブロックする形式でもよいのかもしれません。

「ジャンル」で音楽を楽しめる人って、
相当、普段からたくさんの音楽を聴いている人くらいな気がします。
少なくとも、日本の音楽はタレントメインということを考えると
「アーティスト」メインで良い気がします。

繋がりたいのは興味が近い人であって友達ではない
24


例のごとくFacebook、Twitterの友達の連携機能があります。
で、当初のコンセプトのインタレストグラフで繋がると言っていたものが
大きくずれている感がありますね。
上記の「ファン」機能がインタレストグラフに当たると思いますが、
それなら友達機能はいらなかったのではないかなと。

友達が聴いている曲は興味はありますが、
それはFacebook、Twitterで知ればよくて
Groovyではいらないよねという感じです。

Groovyとしては、その機能があるせいで、
大分、画面が複雑化している気がします。

恥ずかしい曲だって聴きたい
10

私がアニソン、ゲーム・ミュージックとかが好きなので、
そういうのを聴きまくっているという情報は流したくないよねと。
Mr.Childrenとかを聴いている分には良いのですけれども。
一応、聴いている曲をフィードに流さないようにはできますが、
個別のページとか行ったら見れてしまったりしそうかな(調べてないけれども)

コメントはもっと気楽にやり取りしたい
54


アーティスト毎にファンページがあり、
そこで、「ひとこと」をかけるのですが、
SNSチックな感じのインタフェースのため、
「ユーザーの画像」「名前」「スクリーンネーム」
「アーティスト画像」「アーティスト名」
「曲画像」「曲名」「曲のアーティスト名」
など、かなり、たくさんの情報が出ています。

Facebookの投稿とか、Twitterの投稿みたいな
感じのインタフェースになっていますが、
もっと2ちゃんねる的な感じの掲示板で良い気がします。

理想の音楽プレイヤー
とりあえず箇条書き。

・ジャンルという概念を捨てる
・繋がるのはアーティストのみ
・友達フォロー機能を捨てる
・音楽を聴くと
 ・自分のライフログになる
 ・ログから学習するレコメンド
 ・聴いているアーティストのニュースを表示
・アーティスト毎のランキング
・アーティスト別ページのコンテンツ
 ・曲ランキング
 ・関連ニュース
  ・ナタリー的なニュース
  ・アーティストブログ
  ・アーティストTwitter
 ・コミュニティ(mixiコミュニティに近い掲示板)

まとめ
書いていて思ったのが、既存の音楽プレイヤーは
音楽リテラシーが大分高い人に合わせて作られているなぁと。

もっと、音楽はどうでもよくてAKB48とかジャニーズみたいに
タレントが好きで音楽聴いている層向けの
音楽プレイヤーがあれば面白いだろうなぁという気がした。
最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ