異聞録

いま盛り上がっているテレビ番組をオススメするテレビジン(http://tvz.in)、いまTwitter上で何が話題になっているかをランキングする Twitty(http://twitty.jp/) を開発していたりします。

ドワンゴ川上さんの話からニコニコ動画について考えてみた

日テレさん主催のJoinTVカンファレンスにて
ドワンゴの川上さんがパネルディスカッションに参加されて
話を聞いたのですが、それを自分なりに解釈した上で、
最近のニコニコ動画についてまとめてみたいと思います。

イベントはテレビとニコ動の話でしたが、
テレビ部分については、別の記事で書きたいと思います。

日テレ JoinTV カンファレンス 2013|日本テレビ

当日の動画はニコ生のタイムシフトで見れると思います。

日テレJoinTVカンファレンス2013 - 2013/11/15 13:00開始

2年近く、まともにニコ動を見ていないので、
最近のニコ動はどうだろうと想像、仮説をしていたのですが、
川上さん視点としては、割りと自分と合っていた気がします。

※聞き間違いがありそうなので、もし内容が間違っていることがありましたら
 コメントなどでご指摘いただければと思います。

それにしても、川上さんの頭の回転の速さに驚きました。
お話を聞いて頭の良さを感じたのは西村博之さん以来ですね。

・ユーザ層
 ・検索キーワード1位、2位が「パチンコ、パチスロ」
 ・新規ユーザの半分がスマホ

ユーザ層的にはソシャゲと同じ感じかな。

・ラジオに取って代わる
 ・コメントを受けてインタラクティブに番組を変えることができる
 ・生放送は、動画と比べて編集が必要なく制作費が安い

ニコ動よりはニコ生がメインサービスになっているのはこのためかな?

・競合は規模感的にリアルイベント(東京ドーム、国立競技場)

ニコニコ超会議、ニコファーレなどはこれのための布石か?

・コンテンツ
 ・アマがプロになってきている
  ・アマがランキングに入れない
 ・テレビのような最大公約数ではなくニッチ
 ・本当に面白いものはコメントしなくなる
  ・面白くないものでもコメントして面白くなる
 ・国会中継は全部放送がもてはやされたが実際には見なくなった
  ・編集が必要
 

ロングテールのテール部分を見つけるような
施策をやってないということかな?

・ニコ動とテレビ
 ・テレビには追いつくつもりはないとのこと

電波という圧倒的な強みを持つテレビには対抗できないとのこと。
回線が安くなる、テレビの視聴者数が極端に減少することがなければ
とてもではないけれど、同じ土俵には上がれそうにないですね。
ただ、20年後〜30年後には変わっていそうですけれども。

上記の話を聞いて、もしニコ動に対抗するサイトを作るとしたら
また、元々のニコ動みたいなものを作る感じですかね。
以下みたいな感じでしょうか。

・ポストニコ動
 ・アマが活躍できるサイト
 ・編集が必要なストリーミングではない動画サイト
 ・インフラはどっかに乗っかる


ニコ動も黒字化したらしいので、
制作費のかかる編集コンテンツを配信していってもらいたいですね。
あと、APIを公開してもらえれば(一部は公開しているはずですが)
ロングテールのテール部分が見つかる気がします。

海外展開については具体的に話はありませんでしたが、
日本のような少数チャンネルのテレビの体制になっていない
国であれば、充分対抗できるような気がしました。
が、現状、苦戦しているようですが…。

Facebookの埋め込み機能をつかってみた

記事URL付きの投稿はどう見えるかな?




画像付きの投稿はどう見えるかな?




結構、幅取るみたいですね。

16日から再開されたブレイブフロンティアが素晴らしすぎるので勝手に評価してみた

あまりにブレイブフロンティアのできが良いので
レビューしようと思っていた所、7月16日まで長期メンテナンスに入ってしまい
本日、再開されたのでやっとブログを書きました。

33


前回の記事
ソシャゲのSAPが開発したスマホのゲームを見限る条件
に書いた18項目を
チェックリスト形式の文体に直したり、追加したりした上で、
ブレイブフロンティアを評価してみました。

・完全ネイティブアプリである → ○
・画面の縦スクロールが少ない → ○
・ページングが少ない → ○
・画面が縦向きである → ○
・片手で操作ができる → ○
・立ち上げる度にログインしなくてもよい → ○
・チュートリアルが短い → ×
・ユーザが取れるアクションが少ない → △
・奪われる、奪い取るアクションがない → △
・ネットワークに頻繁に繋がらない → ○
・レベルアップによるポイント振り分けがない → ○
・ゲーム内広告(期間限定イベントなどへの誘導)が多い → ○
・友だちと期間限定で力を合わせる要素がない → ○ 
・友だちとの挨拶で友だちポイントゲット要素がある → △
・文字が大きい → ○
・文字が少ない → ×
・ストーリーがない → ×
・キャラクターがカードではない → ○
・スタミナクリックゲーではない → ○
・キャラクターにスキルがある(HP、攻撃力、防御力のみではない) → ○
・バトルの途中から再開できる → ×
・バトルに戦略がある → ○
・音楽を聴きながら遊べる → ×

23項目中○が15個、△が3個、×が5個。

ソシャゲのケータイ向けのブラウザゲームを作って来たSAPの
スマホのゲームは大体23項目全部ダメだったりするので、
超優秀だと思います。
ちなみに、パズドラは23項目全部○だと思います。

むしろ、×の部分もパズドラとの差別化を図る上では
今後、プラスに作用されるかもしれないので、心配ないかもしれません。

43


以下は、何となくの感想。

ブレイブフロンティアのバトルは完全に
ヴァルキリープロファイルと同じなので、
RPG好きには、割りとすんなりと入るのではないかな。

各社、パズドラのパクリを作って、パズル×バトルみたいなのを作っているが
ブレイブフロンティアはパズルではなく正攻法的なRPGバトルを用いており
かつパズドラのように戦略と技術が必要とされる形式で
非常に良い傾向だと思われます。

フジテレビの資本が入っているので
外部コンテンツとのコラボが面白くなるかもしれません。
逆にフジテレビ縛りになった時にはつまらなくなってしまうと思いますが。

また、パズドラと異なり、キャラクターの画像がアクションをするので、
コラボしづらかったり、拡張のコストが大変な気がします。

にしても、やっと、パズドラに対抗できそうなゲームが出てきて
これから、スマホゲーム業界はもっと面白くなりそうですね。
最新コメント
QRコード
QRコード
テレビジン ikkoの最近読んだ本
ikkoの最近やったゲーム
  • ライブドアブログ